web-201807-ヘアメイクQA

プロスタイリストに聞く ヘア&メイクのお悩み解決します!【試し読み】

「梅雨は髪がまとまらない」「暑くなってメイク崩れが……」など、季節ごとに髪やメイクの悩みは尽きません。代官山のヘアサロン「robin」スタイリストの武内新さんとメイク担当の甲斐小百合さんが、読者のお悩みに答えてくれました。

Q.夕方になると髪がべったりしてしまいます……。

A.シャンプーやトリートメントの流し残しが原因かもしれません。

一概に原因を特定するのは難しいですが、まずは正しいシャンプーの仕方を試してみましょう。
❶頭皮を指の腹でこするように、2分ほどかけて髪全体をシャワーでしっかりすすぐ。
❷シャンプーを10円玉ぐらい手に取り、少しの湯と合わせてよく泡立てて髪につける。湯を足しながらさらに泡立てて洗い、シャワーで流す。
❸②と同じ手順でもう一度シャンプー。頭皮を優しくマッサージするようにもみ洗いする。
❹シャンプーにかけた時間の2倍の時間をかけてしっかりとすすぐ。
❺コンディショナーは毛先のみにつける。シャンプーをすすいだ時間のさらに1.5倍の時間をかけてよくすすぐ。
シャンプーで頭皮をゴシゴシ洗って皮脂まで落としてしまったり、コンディショナーのすすぎが不十分だと、べたつきの原因になるので気をつけましょう。洗い流さないトリートメントを使う場合も、頭皮にはつけず毛先のみに。

Q.夏場に汗をかいたときのメイクの直し方や、崩れにくいベースメイクの方法が知りたいです。

A.保湿をしっかりすると崩れにくくなります。

夏は保湿に手を抜きがちですが、乾燥すると皮脂が出て余計に崩れやすくなります。化粧水、乳液、美容液でしっかり保湿してあげましょう。またベースメイクは重ねるほど崩れやすくなるので、最小限に。崩れたときはまずティッシュで軽くポンポンと拭き取り、気になるところにコンシーラーを。ファンデーションはリキッドタイプよりもパウダータイプがおすすめです。

Q.眉毛の描き方にいつも悩みます。今っぽい眉の形を教えてください。

A.平行眉、ふわ眉、アーチ眉が今年眉。

真っ直ぐ横に伸びた「平行眉」は垢抜け感が出ますし、自眉を活かして柔らかく仕上げる「ふわ眉」はキュートさを、緩やかなカーブを描く「アーチ眉」は華やかさを与えてくれます。眉の形で印象も変わるので、流行を気にせずにライフスタイルやシチュエーションに合わせるのもいいと思います。

20180518

アユハ2018年7月号表紙 (590x800)
続きは本誌へ