web-201801-幸福論

【試し読み】「この離婚、正しいの?」の判断基準

2011年7月1日に東京都・総合本部で説かれた法話「離婚多発時代の心構えについて」の質疑応答から抜粋してご紹介します。

質問:「離婚=悪」「離婚=人生の失敗」という考えが日本社会には浸透しています。家族の絆を大切にする保守的な考え方と関係があるのだと思いますが、離婚に対する善悪の捉え方について、ご教授ください。

善悪を判定するのは週刊誌!?

今、その類の善悪を〝判定”してくださるのが週刊誌であるかのようになっていて、裁判所は後追いです。週刊誌が離婚裁判所のような感じで、善なるか悪なるかをいろいろとご判定なさるようです。ただ、そこに勤めている人たちを見ると、それほど神聖な僧職者として修行を積んでいるとも思えないところがあります。

例えば、不倫報道などが出るのは、たいてい週刊誌です。一般紙には、世間が言い出したら出ることはありますが、めったには出ません。出るのはたいてい週刊誌で、彼らがその善悪を判定するのですけれども、「その人たちは、それだけの資格がある人たちなのかどうか」については、疑問はかなりあるでしょう。

また、捏造が横行しているような時代ですから、週刊誌の女性記者に街角でインタビューさせて、それを後ろから撮り、「密会しているところ」として載せたら、それだけでもう悪いことをしているように社会に印象づけることさえ可能です。写真も、編集によって、三人で映っているものの真んなかを抜いて、くっつけたりするくらいのことは可能な時代になっています。

日本人は、はめられやすく、謀略などに非常に弱い体質を持っています。しかし、こうした週刊誌的なものの判断は、一見、キリスト教的な善悪の価値観を代弁しているかのようにも見えつつ、実はそうではありません。それは、単なる「嫉妬の原理」で、平等の世界にみんなを引きずり下ろそうとしているのではないかということも知らなければいけません。「有名人などが不幸になったことを、みんなに知らせてスカーッとする」ということをよくやっているように思います。

もちろん、芸能界にも、逆に、「人気が落ちてきたら、騒動を起こして、名前を売る」という手を使う人もいるので、問題は少し複雑なところもあるでしょう。

善悪の基準は自分に正直に生きること

少なくとも、個人個人が神の意思を確認できるような状況にないということ、あるいは、教会の牧師さんや神父さん、お寺の坊さん等が、「これこそまさしく、赤い糸がつながっている」などと判定できるわけではないということを前提に考えると、善悪の基準を決めるには、「自分に正直に生きる」のがよいのではないかと思います。

つまり、簡単な基準ではありますが、不幸感覚があまり長く続く場合、「離婚即悪だから離婚してはいけない」という固定観念に縛られすぎると、その不幸感覚が地獄を呼び込んでくることが多く、悪霊も呼び込むということです。ですから、ある程度のところで考え方を整理する必要もあるでしょう。社会的体面のところだけで、それを言っているのなら、もう少し自分に正直に生きたほうがいいかもしれません。

それから、妻側からの不満の場合、「他の女性から見て、同性としての自分がどうか」という目も一つ忘れてはいけないと思います。自分が思っている不満が、客観的に公正かどうかという判断も働かなくてはいけません。

男性の社会的立場の変化についていけるか

もう一つは、男性だけが出世する社会が長く続いており、男性は、結婚当初に比べると、どんどん社会的な立場が変わっていくという点があります。それがどうなるかというのは、二十代ぐらいでは少し読めないところがあるのです。もちろん、女性の側も出世していけば話は変わってくるでしょう。……

大川隆法 Ryuho Okawa

幸福の科学グループ創始者兼総裁

1956(昭和31)年7月7日、徳島県に生まれる。東京大学法学部卒業後、大手総合商社に入社し、ニューヨーク本社に勤務するかたわら、ニューヨーク市立大学大学院で国際金融論を学ぶ。81年、大悟し、人類救済の大いなる使命を持つ「エル・カンターレ」であることを自覚する。86年、「幸福の科学」を設立。2016年には立宗30周年を迎え、信者は世界100カ国以上に広がっており、全国・全世界に精舎・支部精舎等を700カ所以上、布教所を約1万カ所展開している。説法回数は2,500回を超え(うち英語説法100回以上)、また著作は28言語以上に翻訳され、発刊点数は全世界で2,200書を超える。『太陽の法』(幸福の科学出版刊)をはじめとする著作の多くはベストセラー、ミリオンセラーとなっている。また、映画「さらば青春、されど青春。」(2018年初夏公開)など、12作の劇場用映画を製作総指揮している。ハッピー・サイエンス・ユニバーシティと学校法人 幸福の科学学園(中学校・高等学校)の創立者、幸福実現党創立者兼総裁、HS政経塾創立者兼名誉塾長、幸福の科学出版(株)創立者、ニュースター・プロダクション(株)の会長でもある。

『素顔の大川隆法』特設サイト

大川隆法公式サイト

アユハ2018年1月号表紙アイキャッチ
続きは本誌へ