2017-12-top

Are You Happy ? 12月号のみどころ

会社の上司や同僚、夫や姑、両親、ママ友……。
人間関係のなかで、誰でも一度は心が傷ついた経験があるもの。
でも本当は、心は簡単に傷ついたり折れたりするほど、柔なものではないはずです。
今月は、インタビューや専門家による解説、読者のエピソードや座談会などから、心が傷つくメカニズムや対処法をお伝えします。傷つきやすい自分とさよならして、しなやかに弾むボールのような、折れない心を手に入れましょう!

心が傷つく心理学的メカニズムQ&A

人のちょっとした振る舞いや言葉で、心が傷ついてしまう……そんな人が増えています。精神科医として多くの人の心に寄り添ってきた和田秀樹さんに、「心が傷つく」ときのパターンや心理学的メカニズムなどをうかがいました。

和田秀樹さん

【INTERVIEW】百田尚樹さん(作家)「一喜一憂できたほうが人生はおもしろいです」

デビュー作『永遠の0』が累計450万部を突破。現在は『大放言』『鋼のメンタル』などの書籍やツイッターなどでの歯に衣着せぬ発言でも注目される作家の百田尚樹さんに、「折れない心」を持つ秘訣をうかがいました。

百田尚樹先生

【INTERVIEW】和田裕美さん(作家・営業コンサルタント)「“よかった探し”で強い心を育みましょう」

外資系教育会社の営業で世界ナンバー2の成績を収め、現在は営業コンサルタントとして国内外で研修や講演を展開する和田裕美さんに、「傷つきやすい自分とさよなら」するポイントをうかがいました。

和田裕美先生

心の宝石タイプ診断

宝石にさまざまな輝きや硬度があるように、心の“強さ”も人それぞれ。質問に答えてチャートを辿り、あなたのハートがどんな宝石に似ているのかを診断してみましょう。

チャート

傷つきやすさを「長所」に変えるトレーニングマニュアル

「すぐ傷ついてしまう自分を変えたい……」と思っていても、なかなかうまくはいかないもの。幸福の科学 仙台正心館で館長を務め、さまざまな人生相談に答えてきた佐竹秀夫さんによるコーチのもと、傷つかない心のつくり方を学んでいきましょう。

佐竹館長

「傷つかない心」をつくる言葉の聴き方レッスン

あなたは普段、人から受けた言葉をどのように受け止めているでしょうか?
大川隆法総裁の著書『宗教選択の時代』では、言葉の“聴き方”には3通りあると紹介されています。
1つ目は、人から言われた言葉を「字を岩に刻むように聴く」、2つ目は「砂に字を書くように聴く」、
3つ目は「水に字を書くように聴く」です。水の上に文字を書いても、すぐに元のきれいな水面に戻るように、「こだわらない心」「引っかからない心」で聴けるようになることが、傷つきにくい心をつくるポイント。2つのレッスンを通して、明るく前向きな心を手に入れましょう!

津久井さん

女性の幸福論(連載)お金に困らない人生
第5回「クリエイターで食べていける人、いけない人」

2015年11月7日、幸福の科学岡山支部精舎で、幸福の科学グループ創始者 大川隆法総裁が説かれた法話から抜粋してご紹介します。(全5回)

ご論考

12月号表紙アイキャッチ
続きは本誌へ