偉人たちの夢エピソードアイキャッチ

偉人たちの夢エピソード「佐渡 裕(さど ゆたか)」

世界的に有名な偉人のなかから、夢にまつわるエピソードを持った5人をご紹介します。

夢で指導霊のお告げを受けた世界的指揮者 佐渡 裕(さど ゆたか)

小澤征爾(おざわせいじ)とレナード・バーンスタインに師事し、バーンスタイン「最後の愛弟子」でもある世界的指揮者、佐渡裕。
佐渡がまだ駆け出しだったころ、新進指揮者の登竜門として権威あるフランスの「ブサンソン指揮者コンクール」に出場した。コンクール前日、ブサンソンに到着した佐渡は予約したはずのホテルになぜか予約が入っておらず、屋根裏部屋で眠るハメになる。しかしシーツにくるまって眠っていたとき、勉強している課題曲が間違っている、と告げられる夢を見た。
目が覚めて受験票を確認してみると、確かに勉強していた曲が課題に入っていない。慌てて勉強をし直し、無事に一時審査を通過。その後も順調に勝ち進み、見事優勝する。
この優勝をきっかけに世界中からさまざまな仕事が舞い込み、今日の佐渡の世界的な活躍の第一歩となった。
大学時代、ある人から「燕尾服(えんびふく)で指揮棒を持っている人が君の後ろにいて、彼は自分を指導霊と言っている」と聞いたことのある佐渡は、指導霊が夢に現れ、課題曲が間違っていると伝えてくれたと信じているとか。

cover_201103
続きは本誌へ