web-201701-NSP

Special Interview 大川宏洋さん “心が変われば、世界が変わる”

登場人物の魅力を活かす
赤羽監督の撮影

――2017年初夏に公開予定の映画「君のまなざし」で、総合プロデューサー・脚本・役者という3役をこなしたニュースター・プロダクション代表取締役の大川宏洋さん。映画製作の経緯とは?

 「昨年12月に製作総指揮の大川隆法総裁からお話をいただき、すでにあったタイトルや設定は活かしつつ、全面的によりスピリチュアルな内容に脚本を書き直しました。中心のテーマはぶれないようにしつつ、製作総指揮やスタッフから意見をもらい20回以上は修正しています。特にラストシーンは直前に監督からのアドバイスをいただき、撮影の2週間前にがらっと変わりました」

――監督を務めたのは、「教師びんびん物語」や「GTO」などのテレビドラマで80年代から活躍する赤羽博さん。監督とのお仕事はいかがでしたか?

 「赤羽監督や撮影スタッフの皆さんには感謝しかありません。監督は登場人物を魅力的に見せることに焦点を置いていて、実際に撮影すると『このキャラクターがこんなにいい役になっちゃった!』と感動する場面が何度もありました。プロデューサー兼役者として、自分で出演しながらカメラチェックしなくてはならず、役に入り込みつつ客観的に映画全体を見るという切り換えに苦労しましたが、赤羽監督のおかげで安心して撮影に臨むことができました」……

161108_NSP_KiminoManazashi_KV_B5_2_OL-001

2017年初夏公開予定
「君のまなざし」
大学生の健太は、友人の朝飛に誘われ夏休みのペンションで住み込みのバイトをすることに。そこで出会った神社の巫女・あかりとともに、3人は不思議な事件に巻き込まれ……。
製作総指揮・原案:大川隆法/監督:赤羽博/総合プロデューサー・脚本:大川宏洋
出演:梅崎快人、水月ゆうこ、大川宏洋、手塚理美、黒沢年雄、黒田アーサーほか

1月号表紙画像
続きは本誌へ
記事DATA

インタビュアー

大川宏洋 Hiroshi Okawa

ニュースター・プロダクション株式会社 代表取締役。タレント、歌手、俳優。

1989年2月24日、東京都生まれ。172cm、A型。ニュースター・プロダクション株式会社 代表取締役。プロデューサー、脚本家、タレント、歌手、俳優とマルチに活躍。9月7日にシングル「Revolution!!」で歌手デビュー。劇場アニメ「仏陀再誕」(2009年/東映)、実写映画「ファイナル・ジャッジメント」(2012年/日活)の企画・脚本を手掛けているほか、著書に『公開対談 幸福の科学の未来を考える』『映画「ファイナル・ジャッジメント」の秘密に迫る』等がある。