こころと漢方 「更年期障害」

心と体の不調について、Dr.ジョージが漢方の知識とともにわかりやすく解説します。

 

更年期障害

女性にとって、体の悩みや不安は大きいもの。更年期障害について気になる方も多いのではないでしょうか。

更年期とは、閉経をはさんだ前後5年の10年間のこと。この時期は閉経などによって女性ホルモンの分泌が急激に低下します。そこでホルモンバランスの乱れから、心や体に不調をきたすのが更年期障害です。

ホットフラッシュ(のぼせやほてり)、多汗、めまい、肩こりなどの身体症状のほか、イライラや不安、うつ状態などの精神症状も深刻。最近では30代や40代前半の若年性更年期も増えています。

更年期の症状は人によってさまざまで、まったくつらくない方もいれば、とても苦しい毎日を送る方もいます。日常生活に不調をきたす場合は、病院で診察を受けましょう。漢方でよく処方されるのは加味逍遥散(かみしょうようさん)、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)です。いずれも冷えを治すことで水毒や血行障害などを改善し、体と精神の両方の症状に効いていきます。

重い更年期障害にならないためには、30代、40代前半からの対策が必要です。生理不順や冷えがある方は治し、規則正しい生活を心がけましょう。心や体をいたわり、「ありがとう」と感謝できたとき、更年期はもう怖くなくなっているはずです。

更年期障害

加味逍遥散(かみしょうようさん)
のぼせ、発汗、血行障害、うつ、不安

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
貧血、むくみ、めまい、落ち込み

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん) 
冷えが強く、更年期症状も激しい人

 

Dr.ジョージの漢方こばなし

東洋医学では、女性の肉体は7年周期と言われています。7歳で永久歯が生え、14歳で初潮、42歳から老化症状が出始め、49歳で閉経を迎える……というわけです。でも、最近は不摂生な生活やストレスで老化が早まり、7年周期に該当しない方も。そんな方は若年性更年期のリスクも高まります。規則正しい生活で、7年周期の人生を送りたいものですね。

cover_201104
続きは本誌へ
記事DATA

小林城治 Joji Kobayashi

精神科・心療内科医

医療法人社団ヘルメス会「J戸越銀座クリニック」理事長。

高い実績を認められた復職支援(リワーク)の専門機関、薬だけに頼らない療法で社会復帰をサポート。現代書林『赤ひげ名医シリーズ』に掲載他、日本テレビ『ニュースゼロ』TV東京『ワールドビジネスサテライト』等、テレビ出演も多数。

書籍『2014最新版 現代の赤ひげ 医療最前線の名医12人』に選ばれている。

公式サイト