衝撃!コスモ体験「空中に浮かんだ緑色の文字」(20代女性・東京都)

2009年の10月ごろから、急に「宇宙」や「宇宙人」という言葉が繰り返し心に浮かぶようになっていた私。それまで「宇宙」というジャンルにはまったく興味がなかったので自分でも驚いているうちに、さらに不思議なことが起こるようになりました。

観る前の映画の内容が頭の中に流れ込んできたり、専門学校の翌日の授業の内容が文章となって頭の中に飛び込んできたりと、「予知」のようなものが始まるようになったのです。「これ知ってる」という感覚にぞっとする日が続き、何かの精神病かもしれないと悩んでいた、そんな矢先のことです。

ある夜、寝ていたはずの私は、ふと気付くと幽体離脱のようになって自分の姿を見下ろしていました。意識はこちらにあるのに、どうすることもできずに自分の体を眺めるのみ……。その状態になってからどのぐらい経ったころでしょうか。突然、カベを通り抜けて、何かが部屋に入ってくるのが見えたのです。

なんとそれは、身長150㎝ぐらいの灰色のグレイでした。しかも、1体ではなく3体! グレイは玄関の方から布団の傍までぺたぺたと歩いてくると、寝ている私の眉間に向かって指をかざしているのです。

その途端です。信じられないことに、空中にデジタル調の緑色の文字が浮かび上がってきたのです。しかも、よく見るとそれは漢字や平仮名といった日本語で、私が読んだ本や話した内容が文章になって現れているのでした。文字は、どんどんグレイの手に吸い込まれていきます。やがて、最後の1文字までグレイの手に吸収されると、3体は顔を見合わせてうなずき、来たときと同じように玄関の方へすっと消えていきました。

翌朝すぐに、昨夜吸い取られた言葉を暗誦したり、声に出してみたりしましたが、特に忘れていることはないようでした。あれから不思議な体験はしていませんが、自分でも忘れている何かがあったらどうしようと思うと、気が気ではありません。

cover_201009
続きは本誌へ