大川隆法 著『夫を出世させる「あげまん妻」の10の法則』発刊!

幸せになりたい女性のための“あげまんバイブル”が登場しました。
夫を出世させたい女性も、自分にピッタリのパートナーを探している女性も、
職場で頼られるキャリアウーマンになりたい女性も、あげまん偏差値を上げてみませんか?

 

女性に贈る、タイプ別スペシャルメッセージを本の中からご紹介

男性を支えられる女性になって、幸せな結婚をしたいあなたへ
男のなかには、本当に口数が少なく、「飯・風呂・寝る」しか言わない人もいます。「夫が、会社でどんなことを悩んだり苦しんだりしているか」「今、どんな問題を抱えているか」というようなことが分からない奥さんは、けっこういるようです。そのあたりの、「勘のよさ」というのは非常に大事です。女性は、「勘がいいかどうか」というのは大事で、やはり“霊感”が働かなければ駄目です。(p. 74 より)

 
家庭を守って、夫や子供を成功に導きたいあなたへ
父親に聞くまでもないようなことは、母親が相談に乗ってあげて、判断してあげられるような、そういう能力はあったほうがおそらくいいでしょう。そういう意味では、「賢い母親」になっていく努力が必要であろうと思います。相手が違うだけで、男の仕事と同じかもしれませんが、「判断力」や「決断力」のようなものがけっこう要ります。(p.107 より)

 
キャリアウーマンとして輝き、周囲を繁栄させたいあなたへ
マイナスのことを考えていると、マイナスのものが寄ってきます。逆に、プラスのことを考えていると、そのプラスのエネルギーが、ほかの人に移っていき、世の中が明るくなっていくのです。このように、周りの人を感化し、明るい方向に変えていくような心の力のことを、「プラスファクター」ともいいます。プラスファクターを持って生きる人が増えていくことが大事です。特に、不況の時代は、そういうことが大事なのです。(p.153 より)

 

読者’s VOICE

夫をもっと大切にしようと思いました
本書を読んで、最近忙しさを理由にして、夫への関心が薄れていたことに気づきました。もっと勘を働かせて、夫の仕事の状況や悩みなどを察したり、聞き役に徹して、さり気なく支えていけるように頑張ります。
(西岡静江さん・30 代・会社員)

 
自分の人間としての成長が夫の出世にも繋がるんですね
「夫婦の能力の偏差値の差が、5ぐらいに収まっていることが、うまくいく秘訣」であることに驚き! 家事や育児に徹して夫を支えるだけではなく、ともに人間として成長していくことが、夫の出世にも繋がるのだと勉強になりました。
(佐藤愛美さん・20 代・OL)

 
実践しやすいポイントばかり!
女性には、まだまだ生かしきれていない力が眠っているんだなと驚きました。実践しやすいポイントばかりで、今日からさっそく実行できそうです。理想のパートナーを見つけるために、あげまん度を磨いていきます!
(安藤晴美さん・30 代・会社員)

続きは本誌へ