web-201804-読者嫉妬かわし法

(試し読み)読者の実体験!「私が嫉妬をかわした方法」

読者の実体験エピソードから、嫉妬をかわす“智慧”をご紹介。あなたの心を楽にするヒントがあるかも?
 

method 1.「相手の長所をほめる」

( 40代・パート)
職場で問題が起きたときに上司がなぜか私の肩を持ち、その日から同僚のA子の態度や言葉が変わりました。少し動揺しましたが、私が何かをしたわけではないのでなるべく気にせず、逆にA子のがんばっているところやいいところを口に出して伝えていたら、以前のように接してくれるようになりました。

method 2.「自分から心を開く」

( 50代・パート)
営業でノルマを達成して会社からMVPをいただいたのをきっかけに、仲の良かった年下の男性社員から冷たく当たられるように。「このままではよくない」と、思い切ってランチに誘いました。彼もノルマでストレスが溜まっていたことが分かり、話を聞いているうちに関係は修復。少し勇気がいりましたが、自分から声をかけてよかったと思います。

method 3.「むやみに成功を見せびらかさない」

( 30代・会社員 )
小学3年生のころに算数のテストでクラスでひとりだけ満点を取り、うれしくて「やった!」と声を上げたところ、隣の席の男子に筆箱で頭を叩かれてしまいました。あとで聞いたのですが、その子はいつもお母さんに優秀な弟と比較されて、成績にピリピリしていたそうなのです。それからはいろんな立場の人がいることを配慮し、成功を見せびらかさないようにしています。

―――続きは本誌をご覧ください―――
 


 
こちらの記事もおすすめ!
・大きな病気をし、自信がなくなってしまいました。
・守護霊からのアドバイスを受けやすくするためには
・上の子の本音と、真ん中の子の葛藤

4月号表紙アイキャッチ
続きは本誌へ