嫉妬エピソードアイキャッチ

(試し読み)読者の嫉妬したとき/されたときエピソード

職場の同僚やママ友、ときには家族など、人と関わり合う上では避けられない“嫉妬”。読者が経験した、さまざまな嫉妬エピソードをご紹介します。

嫉妬した!

同僚に→→

私よりも上司にかわいがられている同僚に嫉妬。でも同僚は仕事ができて、人生経験も豊富。「私の努力不足だ」と思うと何も言えません。(34歳/会社員)
 

弟に→→

3歳のときに弟が生まれ、母が以前ほど私にかまってくれなくなり……。おもしろくなかった私はある日、寝ている弟の顔にいたずらのつもりで厚紙を落としました。すると縦にストッと勢いよく落ち、もしも目に入っていたら危ない事態に。ゾッとして「こういうことはよくない」と子供心に悟ったことを覚えています。(36歳/パート)

嫉妬された!

→→母親から

新婚ほやほやで楽しみながら家事をしていたある日、同居中の母から「あんたなんかに負けるか! 」と言われました。母は自分が家事の中心でいたかったようなのです。以来、台所の食器や調理器具の配置は動かさず、母のテリトリーを侵さないように今でも気をつけています。(50歳/専業主婦)
 

→→友達から

大学生のころ、友達に「彼氏がほかの女の子と仲良くしていると、相手に嫉妬してしまう」と相談していました。するとその日から、私がいる前で私の彼にスキンシップをして、仲の良さをアピールしてくるように。社会人になってから、「実は彼のことが好きで、あなたを嫉妬させたかった」と打ち明けられました。(24歳/会社員)

4月号表紙アイキャッチ
続きは本誌へ