産後ママ

【試し読み】「こんなに夫にイライラするのはなぜ?」「どうしてすぐ泣けてくるの?」産後ママの落ち込みやイライラ、原因はこれ!

つわりや陣痛を乗り越え、ようやく生まれてきてくれた赤ちゃん。幸せいっぱいのはずが、なぜか普段なら何でもないようなことに涙が流れたり、夫や周りの人たちにイライラしてしまう……。産後ママが陥る落ち込みやイライラの原因について、身体的・精神的の両面からお伝えします。

身体的な原因

ホルモンの急減で気持ちが不安定に

出産のあと、「わけもなく涙が出る」「集中できない」「不安が続く」など、うつ状態になってしまうママが多いのは、環境の変化によるストレスのほか、出産時に胎盤が出て、エストロゲンやプロゲステロンといったホルモンの血中濃度が急激に下がることによる影響もあると考えられています。出産直後から10日目までの間の一時的な軽いうつ状態は「マタニティブルーズ」と呼ばれ、10~30%のママに見られるもので、自然に治ります。一方、「産後うつ病」は産後およそ10日から1カ月の間に見られ、割合としては数%と少ないのですが、「病気」と診断され、治療が必要となるため、早期発見と対処が重要です。(阿部さん)

精神的な原因

思い通りにならない子育て

キャリアウーマンが増えている現代、仕事でプロジェクトを計画通りに進めてきた女性は、子育ても計画通りにできると思ってしまいがちです。しかし赤ちゃんの夜泣きや授乳のタイミングなどは予想できませんし、ママも母乳が出ないなど、思い通りにならない事態に多々直面します。「育児とはこうあるべき」という知識が先行し、例えば赤ちゃんが泣きやまないだけでも、「私の育て方が悪いの?」と自分を責めてしまうママも多くなっています。また、世間では「イクメン」がよくクローズアップされるため、「夫も子育てに参加するのが当たり前」だと思いがちです。しかし現実の夫は仕事で疲れきっていてあてにならず、「こんなはずではなかった」とイライラするママも多いです。(古田さん)

―――他にもある様々な原因については本誌をご覧下さい―――
 


 

上手に活用したい! 産前・産後ケア施設

核家族化などで頼れる人が周囲にいないお母さんも増えているため、産前・産後ケアが行える施設のニーズも高まっています。

今回教えてくださった、助産師の古田聡美さんが院長を務める助産院です。
ふるた助産院 産前・産後ケアハウス 
サクララン
鹿児島県鹿児島市宇宿9-6-5 4F
JR「宇宿駅」から車で3分
☎099-230-7882
問い合わせ時間 9:00~17:00
ホームページ
amayurikai.or.jp/sakuraran

サクララン

基本サービス一覧
・個室(テレビ・冷蔵庫完備)と
管理栄養士による3食付き
・授乳や沐浴などの個別相談
・お洗濯サービス
・リハビリ、マターナルエステ、ベビーマッサージ、
アートセラピー、ミュージックセラピー
(希望により自由参加)
・退院後1年間の相談、一時預かりなどのフォロー
・上の子供を預けられる幼児園「きらり」
(別途料金:一時預かり30分¥200)

サクララン写真

アユハ10
続きは本誌へ
記事DATA

教えてくれたのは

古田 聡美さん Satomi Furuta

古田聡美さん

助産師

鹿児島県生まれ。看護師、助産師、保険科学修士、接遇インストラクター取得。鹿児島市立病院で助産師、鹿児島純心女子短期大学教員などを経て、医療法人天百合会ふるたクリニック理事。

教えてくれたのは

阿部 結貴さん Yuki Abe

阿部結貴さん

医師

大分県生まれ。産婦人科専門医。東京都内の産婦人科に勤務し、女性の健康をサポートしている。