web-201703 美と魅力の関係2

美と魅力の関係

大手航空会社にCA(キャビンアテンダント)として勤務し、現在はHSU(ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ)未来創造学部 芸能・クリエイター部門専攻コースで教鞭をとる愛染美星さんに、「美と魅力の関係」について、3つのパートに分けて語っていただきました。

Part.1 美を目指す人の心がけ

美を目指す人の心がけ ❶ 美しい心情を持つ
魅力についてお話をするにあたり、まずは私が感じている「美」についてお伝えします。
「本当の美」を実現する際に、もっとも大事なのは、「いかに美しい心情を持つか」ということです。
私はHSUで俳優や映画監督、芸能・クリエイターなどを目指す学生の指導をすることもありますが、演技指導の世界では、「とりあえず形を真似させる」という教え方もあります。しかし、「究極の美」を目指す場合、それだけでは真似事で終わってしまい、最終的に自らを高める「究極の美」を表現するところまでは行き着くことができないと感じます。
美を実現するには順序を大事にしなければいけません。左上図のようなステップがあってこそ、「美的創造の実現やビジュアル化」「美的創造性の発揮」が可能になると思います。
最初のステップの「美的マインド・美意識を持つ」とは、自分のなかにある醜い心やよこしまな心を排除し、美しい心を保つということです。つまり、美の高みを目指すのであれば、〝心の浄化”をすることが求められます。
そこで大切になるのが、宗教的な心、信仰心です。歴史上最高の美は「宗教美」といわれていますが、それは神仏の方向を向き、神に近づいていく過程で、「美の極致」という道筋ができてくるからでしょう。仏が好まれる美、神が認める美。これこそが、美を追い求める人が探究するべきものではないでしょうか。

美を目指す人の心がけ ❷ 根底に愛を持つ
私は、愛の形を変えたものが美だと思っています。そうであるならば、美を実現するには、まずは根底に愛が必要になります。その愛の思いが……

美の伝道師の使命

美の伝道師の使命

自分自身を高める。出会った人を幸せにする。ほんとうの美しさとは何か。
人生の幸福や一流の仕事、そしてクリエイティブに役立つヒントが満載。

大川隆法 著/幸福の科学出版 ¥1,512

表紙
続きは本誌へ
記事DATA

愛染美星 Mihoshi Aizen

幸福の科学 メディア文化事業局スター養成部担当理事兼HSU未来創造学部 芸能・クリエイター部門専攻コース ビジティング・プロフェッサー。1990 年1月の入局前は、CAとして8年間大手航空会社に勤務。新人CAの指導や外部大手企業のマナー講師として、数多くの研修を行ってきた。