第4回 トクマのいろんなところに上陸したい!

ロッカー・トクマです。今回は、幸福の科学 東北・田沢湖正心館で受けた、「両親に対する反省と感謝」研修で感じたことを紹介したいと思う。

これまで僕は、ロックなどの激しい曲だけでなく、今年5月にリリースした楽曲「ありがとう」のように、両親や神様への感謝も歌ってきた。そんな僕がなぜ、いまこの研修を受けたのか。それは、日々、3人の息子たちを育てていると、自分が子どものときの両親への感謝、反発心などがふつふつとよみがえってきたから。よく考えれば、両親は子どもが最初に認識する男女の関係だし、大人の見本でもあると思うんだ。つまり、子どもは両親を通して愛や人間関係を学ぶ。僕は、なかなか親に素直になれず、ぶつかることも多かった。でも、研修を通して自分の心と向き合うと、当時は見えていなかった両親の行動やその奥にある優しさに気づいて、涙が溢れてきたんだ。

幸福の科学が説いている「あの世」の観点から考えると、人は生まれる前に両親を選び、親子になる約束をして生まれてくるんだ。現在の親子間のさまざまな問題も、すべてあの世で計画してきていて、魂を磨くためにあえて厳しい環境を選んでいることもある。その事実を知ることで、「人生」の意味や目的も違って見えてくるはずだよ。親子の絆は僕らが考えているより、ずっと強くて深いもの。両親への反省と感謝を深めて、前向きで発展的な人生観を築こう!

続きは本誌へ
記事DATA

トクマ TOKMA

幸福実現党 遊説局長 / 尖閣ロッカー

1966年11月11日生まれ、東京都出身。青山学院大学卒業後、トヨタ自動車に入社し半年後退社。1996年、1stシングル『Oh!Angelina』でメジャーデビュー。ライブ&CDリリース、ラジオ番組DJ、CM音楽、映画主題歌、映画・演劇出演など多彩な活動を展開。2012年9月、尖閣諸島上陸。同年10月、アルバム『Get Your Freedom!!』を発表。同月、幸福実現党青年局長に就任。現同党、遊説局長

公式サイト