web-201511-bunngou

日本の文豪の代表作 × 霊言 山崎豊子

『山崎豊子 死後第一声』大川隆法 著/幸福の科学出版 『白い巨塔』 (全5巻) 山崎豊子 著/新潮文庫 (第1巻)

 
ペン1本で作品を生み出し、人々を救い、感動させ、時代を動かしてきた日本の文豪たち。
幸福の科学 大川隆法総裁により、霊言が行われた文豪と代表作を集めました。

 
『華麗なる一族』や『不毛地帯』『大地の子』といった代表作で知られる山崎豊子さん。数多くの作品がベストセラーに留まらず、映画や舞台、ドラマ化され、多くの人に親しまれてきました。
特筆すべきは、その執筆スタイル。テーマを決めると膨大な資料を集め、徹底的に取材をします。同時並行はせず、講演のテーマも取りかかっている作品と同様のもののみだったそう。この徹底したスタイルから生み出される作品は、リアルな描写の数々が臨場感として伝わり、多くの読者を虜にしてきました。
88歳で亡くなられてから数カ月後、大川総裁の元に交渉に訪れ霊言が実現。自らの「格付け」から始まり、社会悪を追求し続けるというスタンスや、作品に込めた思い、日本文学界について、そして自身の過去の転生についてまで語り尽くしました。

 

『約束の海』
山崎豊子 著/新潮社

海上自衛隊を舞台に戦争と平和について問いかける、山崎豊子の遺作。
全3部の予定だったが、第1部を書き上げた段階で亡くなったため、未完の絶筆となった。

 

『山崎豊子 死後第一声』
大川隆法 著/幸福の科学出版
幸福の科学出版
Amazon
※全国の書店をはじめ、Amazonなどでお求めいただけます。

続きは本誌へ