syaku-ryoko-kitchen

‟環境に優しい”エネルギーが自然を壊す!?〔幸福実現党党首 釈量子のキッチン政経塾〕

「グレタ教」を後押しするノーベル物理学賞

今年のノーベル物理学賞は、愛媛県出身でアメリカ国籍の真鍋淑郎(しゅくろう)氏が受賞しました。コンピューターシミュレーションで地球の気候を予測する「気候モデル」手法を確立し、「CO2が増えると気温が上昇する」という予測を示した学説が認められてのことです。

ただし、COが温暖化の原因だという説に疑問を呈する科学者は多くいるうえ、真鍋氏自身も「複雑な自然のすべてを完全に計算することはできない」と語っています。

スウェーデンの高校生グレタさんは、気候変動問題に取り組む活動家として知られていますが、今回のノーベル賞が「グレタ教」ともいうべき「CO温暖化説」を後押しする可能性は大いにあります。

小学校の裏山でメガソーラー計画

この「グレタ教」は今や世界中に広がり、各国政府の環境政策に影響を与えています。日本では、2030年までに再生可能エネルギーの割合を36〜38%、現在の2倍以上に爆増させようとしています。一番手っ取り早く増やせるのは太陽光ですが、これは各地でさまざまな問題
を引き起こしているのです。
 

続きは本誌でお読みいただけます
▶ 神様への感謝から本当の学びが始まる

12月号の見どころ!
Amazonで買う

最新情報をチェック!
フォローする

連載