web-201807-小澤さん

<腸律サロン セラピーエ 代表 小澤かおりさん>美と健康のために腸は“超”大切です。腸を健康にして介護されない人生を!

高いカウンセリング力とやさしい施術で、これまで1,650人以上の腸をケアしてきた小澤さん。腸が人間の健康に深く関係しているという小澤さんに、腸をほぐすとどんないいことが起こるのかお聞きしました。

介護の仕事をきっかけに腸に着目

 私が腸に注目するようになったのは、介護施設での前職がきっかけです。働き始めてまず目についたのは、入所しているお年寄りに処方される薬の多さでした。病気や痛みなど、体の不調があるたびに薬は増えていくのですが、症状は改善せず、むしろ悪化しているように見えたのです。さらに、ほとんどのお年寄りが抱えていたのが便秘や下痢といった排便トラブルで、それが長引くほど病状も悪化していくのです。調べてみると、処方されている薬のほとんどに、下痢や便秘などの副作用が予想されていることが分かりました。病気と薬と腸には何か関係があるのではないかと感じ、腸の勉強を始めることにしたのです。

腸は心身の健康に大きく関わっている

 腸の勉強を始めて知ったのは、腸は排せつをつかさどるだけでなく、食べたものを吸収して栄養を合成し、人体に必要な免疫や血液も作り出しているということでした。「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンも、実は脳よりも腸からの分泌量の方がずっと多いんです。睡眠を誘うメラトニンはセロトニンから作られるので、幸福感や快眠にも腸は大きく関係しているんですね。腸の大切さを痛感したことで、「多くの方の腸を健康にして、健康寿命を延ばすお手伝いがしたい」と、2016年に“腸律”のためのサロンをオープンしました。

腸はウソがつけない

 元気な状態の腸(小腸)は内容物を押し進める蠕動運動が活発で、内側にある柔毛もきれいなのですが、不調になってくると蠕動運動が弱まり、柔毛に汚れがついた状態になります。腸が硬くなったり詰まったりするのはこのためで、そうすると便秘はもちろん、腸の位置が下がってポッコリお腹になったり、肌荒れや冷え、免疫力の低下やセロトニンの分泌が弱まって元気がなくなってしまうなど、不調が不調を呼ぶ悪循環に陥ります。サロンではまず腸の詰まりを流し、蠕動運動が活発になるようマッサージをしますが、特に重要視しているのは、カウンセリングやセラピーの側面です。なぜなら、腸の不調を招いている“そもそもの原因”を取り除かなければ、根本的な解決にはならないからです。

 そう考えるようになったのは、多くの方の施術とカウンセリングをするうちに、お腹に触れるとその方の性格や悩みが分かるようになってきたからです。例えば、「言いたくても言えないことがあって我慢している方」は、腸の同じ部分が硬くなっていますし、「顔では笑っていても本当は怒りをため込んでいる方」は、やはり同じ部分が詰まっています。緊張するとお腹が痛くなったり、びっくりするとお腹がきゅっと縮んだりすることがありますよね。実は、腸は精神面と密接につながっていて、「悩み」と「腸の不調」は驚くほどぴったりと一致するのです。「お腹のなかで考えていること」という表現がありますが、お腹(腸)はウソがつけないんですよ。……
 
続きと「自宅でできるセルフ腸マッサージ」は本誌へ

アユハ2018年7月号表紙 (590x800)
続きは本誌へ