岡野先生8月

夏に赤を身につける【岡野宏のビューティーレッスン さあ、はじめましょうか!】第4回   

40年にわたりNHK美粧部に在籍し、国内外の女優や政治家などのメークアップに携わってきた岡野宏さんが考える「魅力ある人」とは? さあ、一緒に美しさへの一歩を踏み出しましょう。

シミやシワを弱めて見せる赤

夏の太陽に負けない強さを持つ赤色は、口紅や衣装で身につけると、顔にできたシミやシワの印象を弱めてくれる働きがあります。そんな赤色をわが物にしてみたいと思いませんか?

グロスとマットで表情を変える

パリのモンマルトルにあるムーラン・ルージュという歴史あるキャバレーで、魅力的な2種類の赤い唇に出会いました。
ひとつは、女優マレーネ・デートリッヒが3年間、手塩にかけて育てたアフリカの少女の唇です。モカ・チョコレート色の肌に、きらめく赤い唇。そのとき、初めてグロスというものを知ったのですが、伝統あるキャバレーの中で人間臭さが消された光る赤は、新しいスター誕生を予感させました。
それに対して、ショーのラストを飾るカンカンの踊り子たちの口紅のマットな赤の華やかさといったらありません。以前、シラク前仏大統領が、「カンカンの踊り子の赤は、ムーラン・ルージュの看板と同じ風車の赤で、大衆的に見えますが、実はツーンとすました赤、世界一の踊り子のプライドを表した色なのです」と教えてくださいました。
赤は、見せ方でその表情をさまざまに変えるということを改めて感じたのです……

Ⓒ K’s color atelier
8月号表紙
続きは本誌へ
記事DATA