『小説 十字架の女』三部作を読み解くヒント

5月の発刊以来、大きな反響を呼んでいる大川隆法・幸福の科学総裁の『小説 十字架の女』シリーズ。
衝撃のストーリーをさらに味わうためのヒントを集めてみました。

これまでにない‟聖なる”ミステリー小説

大川総裁が書き下ろした『小説 十字架の女①』は、連続殺人事件の謎を追うミステリーから始まります。上の地図にあるように舞台は現代の日本。事件現場の様子からは性犯罪が絡んでいることが推察されます。
しかし、タイトルに十字架とあるように、「罪」や「許し」といった宗教的なテーマが織り込まれており、ミステリーでありながら、神聖さを感じるストーリーです。続編の『小説 十字架の女②〈復活編〉』では、黙示録とも言えるような衝撃の展開が待ち受けています。……

物語を読み解くカギ》
◇3人の被害者の共通点とは
◇「受難」と「十字架」が意味するものとは
◇聖女の背負う使命とは

続きは本誌でお読みいただけます
世界宗教の源流にあった奇跡の数々(知っておきたいキリスト教の基礎知識①)
神の裁きと天変地異(知っておきたいキリスト教の基礎知識②)
【体験談】小1から受けた父の性暴力 自分を許せたとき父のことも許すことができました。
地球神エル・カンターレが明かす 宇宙から見た地球のほんとうの姿

8月号の見どころ!
Amazonで買う

最新情報をチェック!
フォローする