妊娠と出産のスピリチュアルな仕組み~中絶について考える~

現代の日本の人工妊娠中絶数は、年間約14万件と言われています。そうした選択をせざるをえないケースも多々ありますが、なかには救うことのできた命もあったかもしれません。
そこで今回は、妊娠と出産の霊的真実や、お母さんたちの体験談を集め、中絶について考えました。

妊娠・出産は奇跡に満ちている! 赤ちゃんは天国からどうやって生まれてくるの?

幸福の科学では、妊娠・出産のときに、どのようにして魂が肉体に宿るのかがくわしく説かれています。そのプロセスを見ていきましょう。

生まれる前*親子は天上界で約束して生まれてくる

人間は魂を鍛えるために生まれ変わりをくり返しています。地上に生まれるには、あの世で準備が必要です。まず、生まれたいということを役所のようなところに申請し、両親やきょうだいなどの家庭環境や性別、大まかな進路といった人生計画を立てるのです。なかでも両親には子供として産んでもらえるように頼んでくるといいます。最近よく言われる「親ガチャ」の、親は選べないという考え方は間違いなのです。

妊娠3カ月(9週目)*妊娠9週目に胎児に魂が宿る

生まれ変わることになった魂は、母親のおなかに宿る前に、地上に関するオリエンテーションを受けて、過去に生まれたときとの地上環境の違いなどを勉強します。そののち、繭(まゆ)のようなカプセルに入って、次第に冬眠状態のようになり、母親の妊娠9週目に胎児に宿るのです。このころ、母親はつわりが始まる時期。つわりは子供の魂が母親の体に同居することで起きる一種の憑依現象なのです。……

本誌では上記の続きと、下記の記事をお読みいただけます
不思議でかわいい*わが家の妊娠&出産の神秘エピソード
産婦人科医・助産師に聞く 妊娠・出産の神秘と中絶
なぜ中絶が世界的ニュースに?中絶問題Q&A

11月号の見どころ!
Amazonで買う

最新情報をチェック!
フォローする