歯並び、喘息、副鼻腔炎、睡眠障害……口呼吸をやめるだけで子供が健康に!

現代の子供たちに多く見られる口呼吸。幼少期の口呼吸が、歯列不正や副鼻腔炎、睡眠障害を引き起こす要因となっていることをご存じですか?
口呼吸をやめて、人間の本来の呼吸器官である「鼻」できちんと呼吸できるようになると、歯並びだけではなく、さまざまな健康障害も改善されていきます。そこで、今月から2回にわたり、一生の健康の土台を作るために親が子供にしてあげられる「良い習慣づくり」のポイントを伺いました。

子供が口呼吸をしているかチェックしてみましょう!

□ いつもポカンと口が開いている
□ 歯並びが悪い
□ 乳歯のときにすきっ歯にならなかったる
□ 寝起きが悪いる
□ いびきをかくる
□ おねしょをするる
□ 姿勢が悪い
□ くちゃくちゃ音を立てて食べる
□ 睡眠中に起き上がることがよくある
□ 鼻が詰まりやすいる
(↑小学校低学年以下のお子さんを持つママ向け/監修:かつらファミリー歯科)

続きは本誌でお読みいただけます
▶ 「健康の土台づくり」と「良い歯並びづくり」
▶ 乳幼児の歯と歯並びQ&A

3月号の見どころ!
Amazonで買う

最新情報をチェック!
フォローする