はじめての速読ー深く、早く読む力を身につける

速読と聞くと、「興味はあるけど、難しそう……」「本当に読めているの?」といった思いから、一歩が踏み出せない人も多いかもしれません。
そこで今回は、初心者でも取り入れやすい速読法や、幸福の科学の講師が実践する、読書生活への速読の活かし方をご紹介します。
速読のメソッドをマスターして、人生に役立てていきましょう。

速読の基本は精読です。

ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ(HSU)で読書論の講義を受け持つ金子一之プロフェッサーに、速読の基本的なやり方や極意をお聞きしました。

なぜ読書が大切かというと、読書には人を変える力があるからです。知識や情報を得られるだけではなく、一冊の本を理解しようと格闘するなかで、「意志・忍耐力」が鍛えられます。教養を身につけるために古典や歴史書を読めば、人間学や心の機微を学ぶことができ、人格を練り上げることにもつながります。 
また、読書でいろいろな人の経験や智慧を学ぶと、他の人の人生を疑似体験できるのです。それは発奮材料となるので、無限に成長し続けることができます。向上したいという心があれば、いくつになっても〝若者〞ですから、読書は心のアンチエイジングと言えるでしょう。
スピリチュアルな観点でいえば、読書は天上界との交流ができる方法の一つです。天国に還っている著者の本であれば、著者の波動に通じてきて、対話しながら学んでいる感覚になります。なかでも、大川隆法総裁が天上界の声をストレートに降ろしている書籍は、いわば神様の光そのもの。そうした本をじっくり読み込んでいくと、神様の心に自分の心の波長を合わせていくことができるのです。

続きは本誌でお読みいただけます
▶ 速読レッスン
▶ 幸福の科学の講師に聞きました!知的になる読書法Q&A(月刊「ザ・リバティ」編集長
小林早賢/幸福の科学 編集系統括担当専務理事 斎藤哲秀)スン
▶ 幸福の大川総裁の読書法に学ぶ 読書力アップ法

9月号の見どころ!
Amazonで買う

最新情報をチェック!
フォローする