“人の心が乱れると、世界は闇に沈む”は本当!? 天変地異と信仰心の関係

古来より数多くの宗教などで言い伝えられている、「人心が乱れると災いが起こる」という意味の言葉。信仰心と天変地異の関係について調べました。

箱舟

 

古代ムー文明はなぜ滅んだ?

かつて太平洋にあったとされる、失われた大陸と文明「ムー大陸」。海底調査でも存在の証拠はいまのところ見つかっておらず、幻の大陸とされていますが、日本でも古史古伝の竹内文書に「69代神足別豊鋤天皇の代に、“ミヨイ”、“タミアラ”という大陸が陥没した」という記載があります。
この大陸がムー大陸ではないか、という説があり、竹内文書によると、この大陸では王族にあたる黄金人と、五色人(白人・黒人・赤人・青人・黄人)が暮らしていましたが、天変地異で沈んでしまったとか。一部が天の岩船で日本など太平洋の沿岸域に避難したとされています。

 

幸福の科学の霊査によると…

いまから37万年前ごろ、ムー大陸は海上に姿を現しました。1万7千年近く前、太陽信仰と科学万能の時代に、大宗教家ラ・ムーが生まれます。宗教家であり政治家となったラ・ムーにより、ピラミッドから光のパワーを得るなど、最盛期を迎えました。
しかしラ・ムーが没し、教えが形骸化すると、悟りの力を否定し、ラ・ムーの「愛と慈悲」の教えを嘲笑する邪教がはびこってきます。人々の心がマイナスに向かい、大陸全体に大きな想念の曇りがかかり、およそ1万5千3百年前、大陸の沈下によって海中に沈んでしまいました。宗教心を失った人々の想念が、文明を終焉に向かわせたのです。

 

アトランティスが一夜にして海に沈んだ理由は

大西洋のバミューダ海域を中心に存在し、ムー大陸が沈んだのちに最盛期を迎えたのがアトランティス大陸です。古代ギリシャの哲学者プラトンが著書のなかで記述しており、たいへん豊かで発展した国でしたが、人々が信仰を失い堕落。世界を手中に収めようと、闘争の世界となってしまったため、ゼウス神の怒りに触れて海中に沈められたとされています。

 

幸福の科学の霊査によると…

アトランティス大陸は、7万5千年ほど前に巨大な海底火山の爆発をきっかけにしてできました。約4万2千年ほど前から人類が住みつき、1万6千年ほど前に生命エネルギーの変換パワーの抽出に成功。これが文明の原動力となり、文明は劇的な進化を遂げます。さらにムー大陸が沈んだ際に逃れてきた末裔が、ムー文明のピラミッド・パワーを授けました。

同時期に聖クザーヌスという宗教家が生まれてピラミッド・パワーと太陽信仰を合わせた教えを説き、さらに1万2千年ほど前には宗教家であり政治、哲学、科学、芸術にすぐれた超天才・トスが生まれます。

トスはアトランティスに科学的な大発展を遂げさせる一方で、宗教家として神の教えや霊界の真相を伝えました。最盛期を迎えたアトランティスですが、トス亡きあとは科学偏重の時代に陥り、大陸は段階的に水没していきます。そこでアガシャーが王として生まれ、トス神の教えに戻ろうと訴えますが、科学万能信仰に陥った民衆はクーデターを起こし、アガシャ-ら王族は皆殺しに。それを見ていた神はアトランティスを陥没させ、アトランティス文明は大陸もろとも一夜にして海に沈んでしまいました。

 

日本古来から伝わる信仰心と天変地異

日本では、古来から地震や台風、大雨などの天変地異を「神の怒り」と考えてきました。

その後もたらされた仏教でも、天災を神仏の思いと捉えており、東大寺の「奈良の大仏」は、当時流行っていた天然痘や飢饉、大地震などの天災や、政治的不安から国を守り、鎮護国家として安定するようにという、聖武天皇と光明皇后の願いが込められています。

鎌倉時代の僧侶・日蓮聖人も、「正しい宗教が国教化しなければ、国内では地震や暴風雨、飢饉や疫病などが起き、国外からは攻め込まれるなど、内憂外患が起きる」と政権に忠告。『立正安国論』を記し、法華経を布教していました。他宗から攻撃され、島流しに遭いますが、その後、元が日本侵攻を企て、日蓮の予言は現実化しました。

 

幸福の科学の霊査によると…

天照大神は霊言で、「天変地異や、さまざまな気象条件等によって、『天意』を象徴的に表すことがある」と発言。しかし信仰心の薄い現代人は、それが警告とも気づけず、反省ができていないのが現状です。

 

【参考書籍】
『太陽の法』
宇宙の始まりから地球の成り立ち、ムー大陸やアトランティス文明、そして現在に至るまで、すべてを説き明かした聖典。

『フィリピン巨大台風の霊的真相を探る』
昨夏、フィリピンを襲った史上最大級の台風・ハイエン。巨大台風を起こした“責任者”と、ムー大陸の関係とは。

『黄金の法』
西暦2300年代に、かつての場所にアトランティス大陸が再浮上? 人類の歴史に隠されていた地球神の計画がここにある。


『トス神降臨・インタビュー アトランティス文明・ピラミッドパワーの秘密を探る』

アトランティス文明を導いた「全知全能」のトス神が語る、ピラミッドに隠された神秘のパワー。古代文明の宇宙科学が明かされる。

『アトランティス文明の真相』
アトランティス文明を最高度に発展させたトスと最後の王アガシャーが降臨。人類の慢心と大陸没落による滅亡の真実とは。

●紹介している書籍はいずれも大川隆法 著/幸福の科学出版刊

 
(「Are You Happy?」2014年8月号)