note

【奇跡体験談】26日間意識不明からの回復―心の力で苦しみを乗り越えた先に、光り輝く世界が見えてきた。

メインph_W5_2733

交通事故で頭に重傷を負い、26日間の意識不明の後に回復した向田美保さん。
奇跡的な回復の背景には「心の力」があった。

 

車に跳ねられ、意識不明の重態に

プルルルル、プルルルル――。

2004年3月16日、いつも通り子供たちを学校に送り出した保子さんは、自宅の電話をとった。

「お母さん、落ち着いて聞いてください。美保さんが交通事故に遭いました」

当時中学1年生だった美保さんは、登校中に車に跳ねられ、約10メートル飛ばされて道路脇の植え込みに落下した。美保さんが救急車に乗せられるときに居合わせた中学の担任からの電話だった。美保さんの頭が当たったとみられる車のフロントガラスには、大きなひびが入っていたという。

すぐに警察からも電話が入り、保子さんと、その朝は自宅にいた秀敏さんは、病院に急行する。美保さんの5歳年上の兄・尚亮さんも、学校から呼ばれた。

「担任の先生も警察も口ごもっていて、電話では生きているか死んでいるかも分からなかったんです。病院に着くと、娘は意識がなく、アーアー、ウーウーと苦しそうにうなり声をあげていました」(秀敏さん)

カルテには、半昏睡状態で瞳孔が開き、光への反応もないという緊迫した状況が記されている。医師からは、「ここ2、3日生きられるかどうか判断できません。意識が戻っても植物人間になります」と告げられた。

一命を取り留めたものの意識の戻らない美保さんを、保子さんは24時間つきっきりで看病した。美保さんは大量の汗をかきながら病院中に響きわたるような大きなうめき声をあげては上半身を起こし、バタンとベッドに倒れ込むことをくり返していた。

「そんな状態が1週間以上続き、看護師さんたちからは『このままではお母さんのほうが倒れてしまいますから、帰ってください』と言われました。でも、帰るのが怖かったんです。余計なことは考えず、美保の汗を拭くことだけに集中していました」

後に美保さんが思い出したことだが、意識を失っている間、美保さんは臨死体験をしていた。霊界のいろいろな場所を見せられ、天国のような場所もあったが、身動きがとれずに恐怖で叫ぶ場面もあったという。その様子は、保子さんがこの時期に見ていた美保さんの状況と一致していた……

 
続きは本誌でお読みいただけます

事故以前の記憶がない
この事故の意味
奇跡的に中学校に復学
心には力がある

 

連載