母と娘でつくる本当の“幸福結婚” 幸福結婚相談所 横森しず香所長インタビュー

 

幸福結婚相談所「家族の会」設立のきっかけ

 「幸福結婚相談所」は、幸福の科学が運営する〝幸福な結婚をし、幸福な家庭を築きたい〟と願う方のための相談所です。2006年の開所以来、所長を務めさせていただき、多くの方々の悩み相談を受けてきました。2013年には、未婚のお子さまを持つ親御さんの具体的な相談窓口として、幸福結婚「家族の会」をつくり、親子関係や結婚に対する考え方、人生問題へのアドバイスを行い、良縁づくりをサポートしております。

 お子さまの結婚に関して、親御さんの願いとして「早く結婚してほしい」「相手はこんな人がいい」と言葉に出しても、なかなか思い通りにはいきません。むしろ親である私たちもまた、子供の婚活を通して、自分たち夫婦のあり方や子供との関わり方を振り返り、人生の完成期を素晴らしいものにするためにイノベーションしなくてはなりません。

母と娘3

Illustration by YUKIYAMA

〝結婚が決まらない〟母娘の2つのパターン

 特に娘さんをお持ちのお母さまの場合、結婚を心配するあまり、つい口を出しすぎてしまう方も多いかもしれません。私は結婚に悩む女性の方の話も、娘さんの結婚を心配するお母さまの話も聞いてきましたが、なかなか結婚が決まらない母娘には大きく分けて2つのパターンがあるように感じています。

 一つは母娘間のコミュニケーションが不足しているケース。母親のほうは「娘の結婚に対してどんな不安を持っているのか」、娘のほうは「自分の結婚にどんなビジョンを持っているのか」といったことをお互いに伝えておらず、「早く結婚しなさい」「まだしたくない」と、一方的な意見の押し付け合いになっている場合です。

 もう一つは逆に“一卵性双生児”のような母娘関係を築いてしまっているケース。母と娘は似た傾向性を持っているものですが、近年は少子化の影響もあり、特に密着型の母娘が増えていると感じます。〝結婚しても近くに住んでほしい、住みたい〟と条件をつける母娘がとても多いのです。

 
 
続きは本誌でお読みいただけます

娘さんへのアドバイス
お母様へのアドバイス

 

 

横森所長

横森しず香 

幸福結婚相談所(2006年設立・幸福の科学の会員向け)所長。

登録者一人ひとりに真剣に向き合い、母のような愛に満ちたアドバイスで、数多くのカップルを成立させ結婚に導いている。