web-201807-由紀子先生

<ナグモ歯科赤坂クリニック副院長/メノポーズカウンセラー 佐藤由紀子さん>体が変化するなかでいかに幸福に生きるかが大切です

歯科医として口元からの美と健康を追求するかたわら、更年期からのヘルスケアを専門とする“メノポーズカウンセラー”の活動もスタートさせた佐藤由紀子先生に、閉経前後の女性の心身の変化についてインタビュー。

更年期と女性ホルモン

 「メノポーズ」とは閉経や更年期という意味で、メノポーズカウンセラーは、更年期障害の治療についてだけでなく、更年期(主に45~55歳)から生涯にわたる女性のヘルスケアについての相談や正しい情報の普及に努めています。更年期になると多くの方が、汗が大量に出るホットフラッシュ、頭痛、肩こり、耳鳴り、めまい、手足の冷え、うつ症状といった不定愁訴を実感するようになります。こうした更年期症状はエストロゲンという女性ホルモンの分泌量が急激に減ることによって起こります。更年期症状のうち、うつ症状が強くて起き上がれない、あるいは一日に何度も着替えなければならないほど汗をかくなど、日常生活に支障をきたすものを更年期障害と言います。また、“ポスト更年期”(主に55歳以降)には、動脈硬化や認知症、脂質異常症、骨粗しょう症、頻尿など、さまざまな病気を引き起こします。

30代後半で“プレ更年期”に

 女性は30代後半から“プレ更年期”に悩む人が増えますが、私自身、37歳のときに不正出血があって、すごく落ち込んでしまったことがありました。気落ちしてお化粧もせずに病院に行ったらビタミンCと向精神薬を処方されたので、おそらくうつだと思われたのでしょう。でも結果的にそれを契機にして、「若さや外見といった移ろいゆくものではなく、心のほうを強くしよう」と切り替えられたのはよかったと思います。女性も40歳ぐらいになると肉体的な若さに頼ることができなくなるので、何によって自分を支えていくか、価値観を考え始める時期なのですね。

 その後、訪れた更年期では、一気に肌の潤いがなくなって手がごわごわになり、指の関節が太くなって指輪が全部入らなくなってしまうという変化がありました。とにかく疲れて何もやる気になれなくて、「もうがんばれない」と、精神的に沼の底にいるような状態も半年経験しました。

 60歳を過ぎた今は、肌や筋力の衰えや冷え、関節痛も出たので、ホルモン補充療法を始めて様子を見ているところです。

老い、失っていくなかでいかに幸福に生きていくか

 すべての人が女性ホルモンの変化による何らかの体調変化は経験するものですので、「体が変化するなかでいかに幸福に生きていくか」が、女性にとって大きなテーマになっていると感じます。……
 

アユハ2018年7月号表紙 (590x800)
続きは本誌へ