見るだけで癒される 霊界マップ

「霊界」や「あの世」と聞くと、三途の川や一面のお花畑か、はたまたお化けに追いかけられる怖い世界を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

でも、ほんとうの霊界は、そこに住む人々の心の状態によって何層もの次元に分かれる、広大無辺な世界なのです。そしてそこは、地球神の光が降り注ぐ、美しい世界――。

あなたはどんな世界に還りたいですか?

霊界マップ画像

下の層から順番に・・・

4次元 幽界 妖精や不思議な生き物が住み、人間の霊は地上とほぼ変わらない生活を送る「精霊界」、悪霊や悪魔の住処であり、生前、神仏の教えに反して生きた人が反省のために行く「地獄界」に分かれている。地獄界は4次元世界のごく一部分だが、この世である3次元世界に近いため、生きている人が影響を受けやすい。

5次元 善人界 心正しく善良に生きる人々がおもむく世界。何らかの宗教心を持っており、天国に還ってきたあとも、地上で生きていたときの仕事を続けている人が多い。

6次元 光明界 宗教家、学者、芸術家、医師、法律家、政治家、経営者など、それぞれの専門分野で、世の中の発展に貢献してきたリーダーたちの世界。神様に近い人々が集まっており、上段界には、実際に神格を持つ者もいる。

7次元 菩薩界 仏教的には菩薩、キリスト教的には天使と呼ばれる偉人の世界。親鸞、マザー・テレサ、坂本龍馬、松下幸之助など、己を捨て、世のため人のために尽くす、愛と奉仕に生きる人々の世界。

8次元 如来界 仏教的には如来、キリスト教的には大天使と呼ばれる大指導霊の世界。天台智顗、ソクラテス、ナポレオン、バッハ、アインシュタインなど、文明や文化を興し、「時代精神」となった大指導者たちの世界。

9次元 宇宙界 地球神エル・カンターレを中心とする、偉大なる救世主の世界。釈尊やイエス、モーセらが住む世界。

 

地球神エル・カンターレとは?

仏教的には大毘盧遮那仏、キリスト教的には造物主(the Creator)と呼ばれる存在。魂の兄弟(分身)に、釈尊、ヘルメス、オフェアリス、リエント・アール・クラウド、トス、ラ・ムーを持つ。

 

仙人・天狗界、竜宮界とは?

霊界には、愛や悟りを求める「表側の世界」と、霊能力にこだわる仙人や力自慢、知恵自慢の天狗などが住む「裏側の世界」がある。裏側の世界は各次元にまたがっており、アラビアの魔法界、インドのヨガ界、中国の仙人界、日本の仙人・天狗界などがある。表と裏の中間に、同じく次元をまたいで、龍神や乙姫様が住む「竜宮界」がある。

 

霊界マップ補足画像

霊界マップはイメージです。実際の霊界構造は、4次元を包むように5次元、6次元……と、高次元が低い次元を包含する形になっています。高次元に行くほど、広大な世界が広がっています。

 

霊界マップ(PDF)をこちらからダウンロードできます。

霊界マップ(5.67MB 高画質)

Illustration by Hiro Shimizu