ある町のたとえ話が教える成功の法則

成功するために本当に大切なこととは何でしょうか。たとえ話「成功の町」から考えてみましょう。

「成功の町」

日本からはるか離れた、ある国のある町に、ひとりの貧しい旅人がやってきました。

「この町には、何か素晴らしい職業があるでしょうか。成功できそうな職業があるでしょうか。もしそういうものがあれば、私に紹介していただけないでしょうか」

町の人は口々に言いました。

「おまえさんの言う成功とは、いったい何なのか、私たちにはわからない。私たちは、朝日が昇れば起きて農作業をして、日が沈めばいっしょにご飯を食べてたのしく生きているけれども、『成功とは何か』とか、『成功する職業』とかいうことは、考えたことがない。成功する職業、素晴らしい職業とは何だと思っているのか、私たちに教えてくれないか」

すると、その旅人はこのように答えました。

「成功するということは、他の人から見て『うらやましい』と思われることです。他の人から見て『これは、すごいことをやった』と言われることです」

町の人たちは額を集めて、ぼそぼそと相談をしていましたが、やがてこう言いました。

「どうやら、この町にはおまえさんの探している成功というものはないようだ。みんなに話を聴いたところ、山奥の彼方にそういう町があるらしいから、あの山を越えていきなされ」

そこで旅人は、その小さな町を抜けて、山に向かっていきました。空腹に悩み、暑さに悩み、寒さに悩み、動物に吠えつかれながら、長い長い旅を続けました。やがて、とても近代的な町に着きました。旅人は、「ここでこそ、私は成功できるに違いない」と、小躍りして喜びました。

この町の町長は、髭を伸ばし、太っていて、身なりも立派で、大金持ちのようでした。町長は旅人を自分の前に座らせて、しばらく睨んでいましたが、目玉をギロッと輝かせてこう言いました。

「この町は成功者の町なのだ。おまえは見たところお金もなく、みすぼらしいものを着て、疲れ切ってよれよれではないか。おまえのような成功していない者は、この町には入れないのだ」

しかし、貧しい旅人は、こう言いました。

「町長さん、私は成功したくて来ているのですよ。だから、現に成功しているかどうかということは関係ないではありませんか。これから成功すればよいのですから」

ところが、町長はまたギロッと目をむくと、旅人に向かってこう言いました。

「では、私はおまえに訊くが、おまえは一躍、成功というものが手に入ると思っているのか。おまえは着る物もろくに持たず、食べる物もろくに食べていない。休息も取っていないではないか。おまえが幾つかの山を越えてきたことを、私は知っている。私たちのところに来る前に、小さな町があったであろう。そこの人たちは実に幸福に暮らしていたはずだ。おまえはそこで、何も学ぶべきことがなかったのか。その町で、おまえは何を考えたのか」

旅人は、このように言いました。

「あの町の人たちが幸せに生きていることはわかりましたが、彼らは成功に無頓着に生きていたため、『ここには成功がない』と思いました。それで山を越えて、成功の町まで来たのです」

町長は言いました。

「よいか、成功者は、自分たちを不幸にするような人を受け入れようとはしないものなのだよ。成功者は、自分たちがうらやましくなるような大成功者をこそ求めるのであって、自分たちの生活が貧しくなるような人を仲間にはしないのだ。

おまえは大きな勘違いをしている。おまえが私たちの町の一員になるためには、まずあの町で裕福な暮らしをしてみせることが大事であったのだよ。おまえが収入を得、立派な身なりをし、健康そのものの立派な姿となってこの町に来たならば、私たちは、おまえを迎え入れたであろう。

しかしおまえは、一躍成功することを目指して、人間として当然の努力を怠った。

私たちは、一気に成功できたような人間を見たことがない。一気に成功できると思うのは、あの高い山に一日で登れると思うのと同じような勘違いなのである。まず、人間として、そこそこの生き方ができ、そこそこの幸せを得て初めて、もっと高い頂きに登っていくのが、物事の筋なのだ。

そのことがわからないおまえには、成功の町に入る資格はないのだよ」

このような町長の言葉によって、旅人は、町の外れに追い出されたということです。

出典・参考元:『成功の法』(大川隆法著/幸福の科学出版)

絵本『成功者の町』(原案:大川隆法/作:大川咲也加)
“成功する仕事”を探して旅をするシャローは、小さな町で、畑を耕して幸せに暮らしているアーネストに出会います。しかし、「これは『成功』ではない」と思ったシャローが次の町に向かうと……。

本当の「成功者」になるための大切な心掛けが、絵本というかたちで子供たちにわかりやすく描かれています。

(「Are You Happy?」2012年10月号)