杉桶(すぎおけ)で熟成した信州味噌の深い味わい-石井味噌(長野)【コロナに負けるな!応援企画】

長野県松本市で慶應4年に創業した「石井味噌」は、当主の石井康介さんで6代目。国産大豆と北アルプスの水で作る、無添加、天然醸造の信州味噌の専門店です。

3カ月ほどで作る市販の味噌とは違い、石井味噌では4.5トンある杉の木桶で3年かけてじっくり発酵を進めることで、塩角がとれ、味、色、香りともにワンランク上の味噌を実現。併設のレストランでは、味噌を堪能できるランチが人気です。通信販売でも味噌のドレッシングや和菓子など、約
50種類の商品を購入できます。

創業以来愛されてきた信州味噌の、まろやかで豊かな味をご堪能あれ。

上の写真:写真中央の「信州三年味噌」(1,760円/500g)は、贈答品としても喜ばれる一品。味噌
の色素成分メラノイジンには強力な抗酸化作用があるそう。

1日10食限定の「蔵元のランチ」(1,100円)の具だくさんの味噌汁は体に沁みるおいしさ。

1年目の味噌蔵と2年目の味噌蔵は見学ができ、香りの違いを感じられる。

お土産や通販でも人気の3商品「蔵元のとん汁(レトルト)」(648円)、「味噌バウムクーヘン」(1,620円)、「三年味噌バーニャカウダ」(820円)。

(「Are You Happy?」2021年11月号 Happy Choice)

※上記は本誌掲載時点での情報です。営業時間やメニューなどに変更がある可能性があります。価格はすべて税抜価格です。

石井味噌

【住所】長野県松本市埋橋1-8-1
【営業時間】8:30~17:00[ランチは11:00~14:00(L.O. 13:30)]
【休業日】なし
【電話】0263-32-0534
※ 味噌蔵の見学は店舗にてお声掛けください。

※営業時間・定休日は変更となる場合があります。来店前に店舗にご確認ください。