笑顔が持つスピリチュアル・パワーの秘密

誰かの笑顔を見ると自分まで笑顔になってしまう。鏡の前で笑うとなぜか元気が出る――。
そんな笑顔の力の背景にはどんな秘密が隠されているのでしょう。スピリチュアルな視点から迫ってみます。

The power of smile 1
笑顔になるとオーラが出る

心のなかには毎日いろいろな思いが去来し、ポジティブになることもネガティブになることもあります。笑顔は気持ちを切り替えるスイッチになっていて、笑うことで心のチャンネルが天国の方向に切り替わり、ポジティブな気持ちになれます。そうすると、天国から光が降り、体から目に見えないオーラが発せられます。笑顔の人がいるだけその場が明るくなったり、自分まで笑顔になれるのは、この“オーラ”のおかげなんですね。

笑顔オーラ

 

The power of smile 2
笑顔でいると悪霊や病気を寄せつけない

この世で人に憑りつく悪霊たちは、生きている人間の暗い気持ちやじめじめした心、不平不満や執着をエネルギー源にして活動しています。悪霊に近い心を持つと悪霊に好かれ、天使に近い心を持つと天使に好かれる。これが「波長同通の法則」です。笑顔をつくれば心は天使に近くなり、正反対の性質のものはそばにいられなくなります。書籍『奇跡のガン克服法』には、「ガンの治療では笑顔が“特効薬”」とも書かれていますが、笑顔をつくることで悪霊や病気の元になる病念が近づけなくなるのです。

笑顔でいると

 

The power of smile 3
笑顔はアンチエイジングになる

年齢を重ねるごとに心配事は増え、取り越し苦労や持ち越し苦労に頭を悩まされることが増えるかもしれません。笑顔が減っていくと、それに比例して病気が増えるとも言われています。いつも暗い顔をして不平不満ばかり言っている人は、周囲の人に嫌がられるもの。笑顔は与える愛ですから、にこやかな人はそれだけで愛されます。そして、周りから愛されると、さらに元気になります。笑顔を浮かべるだけで表情も若く見えますし、実際、若返ることができるのです。「最近落ち込んだり、苛いら立つことが増えたな」と思ったら、“笑顔のかわいい自分”を目指して、鏡の前でほほえんでみましょう。

笑顔3

 

The power of smile 4
笑顔になると自分も周りもハッピーになる

笑顔は、人の敵意を消す最大の方法でもあります。ニコッとほほえまれたら、たとえ怒っていた相手であっても、敵意を向けるのは難しいですよね。「立ち向かう人の心は鏡なり」という言葉もありますが、人と人との関係は合わせ鏡のようなところがあり、笑顔には互いの幸福を引き出してくれる効果があります。仏教では笑顔を「顔施(がんせ)」と言い、人に笑顔を与えることは大切な修行であり、お布施のひとつ。笑顔を心がけようと思うこと自体が、人に対する「与える愛」になるのです。

笑顔4

Illustrations by Ritsuko Yamada

(「Are You Happy?」2017年2月号)

矢崎館長

矢崎千恵美さん 

1959年生まれ。1995年に幸福の科学に奉職。日本で精舎講師、精舎館長を経て、ハワイ精舎館長として赴任。