〔体験談〕身近な人の死を通して人生が変わった人々【夫との突然の別れ】

体験談1

14年前、夫を事故で亡くしたY・Kさん。
夫の死を受け入れられるようになるまでのストーリーを紹介します。

 

突然やってきた「別れ」

プルルルル――。
2005年8月11日、米子市内の病院で栄養士として働くYさんのもとに、夫の職場から電話が入りました。

「ご主人が救急で鳥取大学病院に運ばれました。すぐに来てください」

Yさんはパニックになりながらも、無我夢中で病院に車を走らせました。病院に着くと、つい数時間前に「いってきます」と笑顔で手を振っていた夫のMさんがベッドに横たわっていたのです。

Mさんは、翌日からのお盆休みに向けた会社の大掃除で、看板を掃除しようと屋根に上り、足をすべらせて落下したということでした。

「頭を強く打っていて、脳の出血がひどく、もう手の施しようがありません。時間の問題です」

医師からそう説明されても、Yさんは信じられない思いでした。しかし、Mさんの手をいくら握っても、話しかけても、何の反応もありません。

YさんはMさんの家族と交代で見守っていましたが、3日目の夜、Yさんが一人でMさんに付き添っているときに急変。そのままMさんが目を覚ますことはなかったのです。享年47歳でした。

(どうしてこんなことに……)

 
続きは本誌でお読みいただけます

心にポッカリと空いた穴
「また会えるんだ!」
「神様が私に与えた試練だった」

 

 

最新情報をチェック!