web-201810-岡野さん

リボンを緩める「岡野宏のビューティーレッスン さあ、はじめましょうか!」第18回 (試し読み)

40年にわたりNHK美粧部に在籍し、国内外の女優や政治家などのメークアップに携わってきた岡野宏さんが考える「魅力ある人」とは? さあ、一緒に美しさへの一歩を踏み出しましょう。
 

閉じる、緩める

閉じた唇を緩めるのは、相手に心を許しているときの仕草です。

しかし、開き過ぎは下品に、閉じたままでは野暮ったく、ちょうどよい頃合いにするのはなかなか難しいものです。

ファッションでは、ファスナー、ボタン、リボンなどが閉じる道具ですが、固く閉じると相手や場に対して緊張や警戒を感じているサインとなり、緩めるとリラックスした印象になります。

また、どんな道具を選ぶかで、その人の発する雰囲気が変わります。

ボタン派?ファスナー派?

るドラマのお見合いシーンで、女性が着ていたワンピースのファスナーを見た演出家が言いました。

「性格の柔らかさを出したいからボタンがいいよね。包みボタンなら、上品でなおイメージに合うんだけど」

一方、本田宗一郎さんの自伝ドラマの中で、バイクに乗る女優の姿が垢ぬけず、そばで見ていた別の女優が指摘しました。

「バイク乗りにボタン留めの上着じゃやぼったいわよ。幅広ファスナーを走らせたジャケットに変えれば格好よくなるわ」

ひとつずつ掛けるボタンは落ち着きや洒落た印象を、一息に開閉できるファスナーはスポーティーな印象を強調します。…

イラスト: © K’s color atelier

アユハ2018年10月号表紙 (590x800)
続きは本誌へ