web-201804-連載 釈党首

(試し読み)「健康保険を立て直す 具体的な政策は あるのでしょうか?」お悩みクオンタムリープ Vol.10

幸福実現党 釈量子党首が、アユハ読者のさまざまなお悩み相談にお答え。日常の不安も政治の疑問も、まとめてクオンタム・リープ(量子的飛躍)させて解消しちゃいます。

<今月のお悩み>
「健康保険を立て直す具体的な政策はあるのでしょうか?」(Sさん・57歳・ヘルパー)

 

公的医療保険を立て直す!

S 給与明細を見ても、何かと負担が多くて悩んでいます。特に健康保険料が大変で……。

 医療保険制度は現代の大きな問題のひとつですね。医療費はどんどん膨れ上がり、現在は40兆円を超えてしまいました。2025年には3人に1人が高齢者になるとも言われますが、少子高齢化で医療費の担い手が減っている今が転換点だと思います。

S 幸福実現党の皆さんで、医療健康保険制度をまさに〝クオンタム・リープ〟的な発想でガラッと変えていただきたいんです。今は民間の保険もとても充実しているので、国の社会保障は最低限にして、自分に合った保険を選んでいくという形でもいいと思っているんですが……。

 まさにそれは幸福実現党の目指すところです。現在の手厚すぎる医療保障では「病気になってから治療すればいい」という考え方が広がり、国民の健康維持への意識が低くなってしまいます。低所得者や障害を持つ方、急病で高額の治療費が必要になった方へのセーフティネット、国民皆保険制度は残しながらも、予防可能な慢性疾患については自己負担分を増やすなどして、健康維持の努力を続ける人には保険料が安くなるような適正な制度を構築したいと考えています。

S ぜひ実現してほしいです!

―――続きは本誌をご覧ください―――
 


こちらの記事もおすすめ!
・消費増税だけじゃない!驚きの増税メニューとは
・【経済の偉人シリーズ②】繁栄思想の偉人たち「渋沢栄一」
・シニア層が元気な国、日本

4月号表紙アイキャッチ
続きは本誌へ
記事DATA

釈量子 

幸福実現党党首

1969年11月10日、東京都小平市生まれ。國學院大學文学部史学科卒業後、大手家庭紙メーカー勤務を経て、1994年に宗教法人幸福の科学に入局。学生局長、青年局長、常務理事などを歴任。幸福実現党女性局長などを経て、2013年7月幸福実現党党首に就任。

公式サイト