web-201712-トレーニング

【試し読み】傷つきやすさを「長所」に変える トレーニングマニュアル

「すぐ傷ついてしまう自分を変えたい……」と思っていても、なかなかうまくはいかないもの。幸福の科学 仙台正心館で館長を務め、さまざまな人生相談に答えてきた佐竹秀夫さんによるコーチのもと、傷つかない心のつくり方を学んでいきましょう。

まずはタイプチェック

まずはあなたの「傷つきやすさタイプ」を本誌のチェックシートで診断してみましょう。
一番多くチェックがついたタイプに、“傷つきやすさの本当の原因”がわかるヒントがあるはずです。

Let’sトレーニング

「傷つきやすさ」はどんな人でも必ず克服することができます。
3つのトレーニングを実践して、本当のあなたが持つ“強い心”を鍛えていきましょう。

<トレーニング. 1>

自分の本当の強さを信じよう
「自分はどんな状況で傷つくか」を客観的に整理できれば、対策を取ることができます。幸福の科学では、人は誰でも“仏性”と呼ばれる「神や仏と同じ性質」を持つと教えられており、心は本来光り輝くダイヤモンドのようなもので、傷つくことは決してありません。傷ついているのは心の外側の“想い”の部分だけなのです。特にタイプ1や2に当てはまった人は、「心の奥底には無限のパワーがある」と強く信じることが大切。正しい信仰のもとで仏性を信じることができれば、「本来の自分は強いはずなのに、どうして傷ついてしまったのだろう」と冷静に反省もできるのです。

―――トレーニング2・3は本誌をご覧ください―――
 


 

<佐竹館長のおすすめ研修>

仙台正心館限定
『傷つきやすい罪』克服研修 マルチン・ルター霊指導
「傷つきやすい」ことをデメリットだと思っている方も多いかもしれませんが、実は魂の特徴に過ぎず、克服できれば大きな力になります。過去の心の傷を癒やしながら、自分が本来持っている仏性を見つけ出す素晴らしい内容ですので、傷つきやすくて悩んでおられる方にはぜひお受けいただきたい研修です。

仙台正心館
宮城県仙台市宮城野区小田原 1-8-25
022-355-7390
【FAX】022-355-7391
JR「仙台駅」よりバスで約8分、「小田原2丁目バス停」下車すぐ

仙台正心館

Illustration by Shinichiro Hattori
12月号表紙アイキャッチ
続きは本誌へ
記事DATA

佐竹秀夫さん 

幸福の科学 仙台正心館館長。1989年に幸福の科学に出家。聖地四国正心館や湯布院正心館の館長などを歴任し、2012年より現職。