心が折れそうなときに読みたい賢人たちの言葉

心が折れそうなときに読みたい賢人たちの言葉

●太陽が輝くかぎり、希望もまた輝く
フリードリヒ・フォン・シラー(詩人、歴史学者、劇作家)

 
●「今が最悪の事態だ」と言える間は最悪ではない。
ウィリアム・シェイクスピア(劇作家、詩人)

 
●悲しみと苦痛はやがて、「人のために尽くす心」という美しい花を咲かせる土壌だと考えよう。心を優しく持ち、耐え抜くことを学ぼう。強い心で生きるために。
ヘレン・ケラー(教育家、社会福祉家)

 
●人生はクローズアップで見れば悲劇だが、ロングショットで見れば喜劇である。
チャールズ・チャップリン(俳優、映画監督)

 
●私は自分の障害に感謝している。私が自分を見いだし、生涯の仕事、そして神を見つけることができたのも、この障害を通してだったからである。
ヘレン・ケラー(教育家、社会福祉家)

 
(「Are You Happy?」2013年3月号)