ミッドライフ・クライシスを乗り越える5つのステップ

幸福の科学 幸福結婚相談所の開所以来、数多くの結婚相談や夫婦関係の悩みに答えてきた横森しず香所長に、ミッドライフ・クライシスの乗り越え方を聞きました。

ミッドライフクライシス(横森所長)

STEP1 魂をレベルアップさせるチャンスと考えよう

幸福結婚相談所に寄せられた相談や私自身の人生を振り返ってみてもそうですが、中年期特有のさまざまな悩みや問題は、数多く見受けられます。

仕事や子育てなどで夢中で生きてきて、夫婦のコミュニケーション不足によるちょっとした意見の違いやストレスを解消できないまま過ごし、気が付いたら夫婦の危機に陥っていたということがほとんどです。

生きていく間には、家庭環境も仕事環境も変わりますし、体の状態も変わります。好況不況の波もあれば、女性の生き方もどんどん多様化しています。親世代のアドバイスがそのまま役立つとは限らないのが現代です。こうした変化のなかで上手に生きていくのは、そんなに簡単ではありません。

しかし、この世の中に変化しないものは何一つありませんし、変化があるからこそ学べることもたくさんあります。幸福の科学では、人間の本質は魂であり、さまざまな経験を積んで人格を向上させるために、何度もこの世に生まれ変わってくると説かれています。

この霊的人生観を踏まえると、中年の危機は、それまでの考え方ややり方では限界がきていることを教えてくれる「お知らせ」のようなもの。新たな経験を積んで魂をレベルアップさせるチャンスでもあるのです。

 

STEP2 どんな教訓があるかに目を向けよう

身近な家族や他人の言葉に傷ついたり、思いがけず病気になることもあるでしょう。また、中年期には更年期障害も重なって、物事を悲観的にしか捉えられないこともあります。

そんなときは、言葉や出来事を「ひどい」「つらい」などと反射的に受け止めがちです。しかし、ここで発想を転換して、そこからどんな教訓を取り出すかを考えるプロセスが大切です。

※PART毎にワークがついています。

 
続きは本誌でお読みいただけます

姑の介護をしていた母が言ったこと
一旦、自分の問題として受け止める
中年の危機の意味とは

 

横森所長

横森しず香 

幸福結婚相談所(2006年設立・幸福の科学の会員向け)所長。

登録者一人ひとりに真剣に向き合い、母のような愛に満ちたアドバイスで、数多くのカップルを成立させ結婚に導いている。