ドラッカーコミュニケーションアイキャッチ

もし、ドラッカーが、あなたの 「コミュニケーション力」をチェックしたら?

あなたの“コミュニケーション力”はどれくらい?
ドラッカー教授の教えをもとに、行動やマインドをチェックしてみましょう。

―――チェックシートは本誌をご覧ください―――

人間関係が悪化する原因はふたつ
「相手のことがわからない」「自分のことがわかってもらえない」

コミュニケーション力は、仕事をしたり、社会生活を送っていく上で基本中の基本の能力です。しかし、基本だからといって簡単なわけではありません。トップセールスマンと言われる人や経営者に成功のコツを聞くと、決まって返ってくる答えのひとつが、「正しく聞き、正しく話す」こと。そして、そのためにコミュニケーション力を磨くことなのです。

一方、人間関係で失敗する原因はふたつに集約されます。そのふたつとは、「相手のことがわからない」「自分のことをわかってもらえない」というもの。両方とも、コミュニケーション力を磨くことによって解決できます。コミュニケーションの達人は、人生の達人と言えるかもしれませんね。

チャートの最初の質問で挙げたように、コミュニケーションのとり方は、大きく分けて、情報交換型、感情共有型、コーチング型の3つがあります。まずは、自分が得意とするコミュニケーションのタイプに磨きをかけることが、コミュニケーション力の向上につながります。さらにレベルをあげるには、相手のタイプを見極め、それを認めて受け入れてあげる必要があります。どんな相手であっても、その人のタイプに合わせることができる、コミュニケーションの達人を目指したいですね。

cover_201112
続きは本誌へ
記事DATA

水村和司 Kazushi Mizumura

株式会社ミッションコーチング代表取締役

株式会社ミッションコーチング代表取締役。心理カウンセラー、プロコーチとして人生のミッションの発見や、やる気や能力を高めるコーチングを提供している。著書に『1秒でも早く! 「ダメージ」から抜け出す方法』(すばる舎リンケージ)がある。