母と子のキズナ見直しメソッド 両親との関係改善が 子育てや人間関係に効く!

尽きない子育てや人間関係の悩み。
その原因、実はあなたのご両親との関係にあるかも!?
幸福の科学・琵琶湖正心館で「両親に対する反省と感謝」研修を担当する對中章哲本部講師に、ご両親、特にお母さんとの関係を見直すためのメソッドをうかがいました。

 

子供のころに愛された実感がないと子供をうまく愛せない

子育ての悩み相談にいらっしゃる方のほとんどが、「自分は親から愛されなかった」と思っておられます。今までたくさんの親御さんを見てきましたが、子育てで悩むお母さんにとって、自分と子供との関係は、昔、子供だったころの自分と、当時のお母さんとの関係とほぼ一緒になります。つまり、子供のころに愛されていた実感がないと、子供をうまく愛せずに育ててしまう。「子育てとはそういうものだ」という先入観がインプットされているので、自分がされたようにしか子供に接することができないんですね。
例えば自分が小さいころに親に甘えた記憶がない場合は、子供をどう甘えさせたらいいかわからないわけです。

 

大人になり判断力・認識力が上がった今こそ関係を見直すチャンス

しかし誰にでも必ず、ご両親から愛された瞬間があるはずです。私が担当している「両親に対する反省と感謝」研修の着地点は、「どれだけ両親から愛されてきたか」、さらには「仏神から愛されてきたか」に気付くことですが、研修がうまく進まない方に多いのが、ご両親とのつらい思い出ばかりを見つめているタイプ。心の中で、「両親にいいところはない」と思い続けているのです。でも、誰にでも“尊敬できるところ”と“尊敬できないところ”の両方があります。
ご両親との過去を思い出すのがつらいのは、記憶の中の嫌なシーンを思い浮かべると、その瞬間に子供のころの心に戻ってしまうため。当時のつらい感情が呼び起され、冷静な判断ができなくなってしまうのです。
しかし成長すると、判断力や認識力が上がり、「大人の自分」という立ち位置から、子供のころの自分と当時のお父さんとお母さんを客観的に見つめることができます。「ここは自分が勘違いしてお母さんを悪く思ったな」「ここはお母さんに問題があるな」などと冷静に見ることが、「両親に対する反省」の第一歩であり、あなたとお子さんや、周りの方との関係改善の第一歩でもあるのです。
反省をする際は、冷静に、客観的に自分の心を見ることができる落ち着いた環境や心境が必要です。そのためにも、精舎で研修を受けられることをおすすめします。

 

・・・続きは本誌でお楽しみください・・・

続きは本誌へ
記事DATA

對中章哲 

琵琶湖正心館本部講師

「両親に対する反省と感謝」関連研修などの講師として約20年、数千人以上と面談し、親子関係を改善に導いた「両親反省」のエキスパート。