「開運メイク」であなたの人生はもっと輝く

「もう少し目が大きければ……」「もっと鼻が高ければ……」。誰しも自分の顔にコンプレックスがあるもの。そんなコンプレックスをカバーして、自分に似合うメイクをするには? メイクアップアーティストの大野裕美子さんに、自分の顔の強みや個性を生かして、美しさをアップする「開運メイク」について伺いました。

 

目指すのは穏やかで円熟された美しさ

ひとりひとりの長所を生かし、短所を好転させる「開運メイク®」のレッスンを行っている、フェイスリーディングアカデミー代表・大野裕美子さん。大野さんが提唱する開運メイクとは。
「開運メイクでは、『穏やかで円熟された美しさ』を目指します。朝の凪いだ湖面のような心境でいるときの安らいだお顔。そのようなお顔には、鼻筋から眉にかけて左右対称になだらかに伸びる、美しいラインが表れるのですが、これを私は“菩薩ライン®”と呼んでいます」

 

三十三間堂で閃いた“菩薩ライン”のインスピレーション

「この菩薩ラインは、京都の三十三間堂を訪れたときにインスピレーションとして閃いたんです。三十三間堂には1000体の観音菩薩立像があり、すべて違うお顔をされていますが、どのお顔も美しい。そこに共通していたのが、鼻筋から眉にかけての美しいラインだったんですね。
東洋の仏像だけでなく西洋のギリシャ彫刻にも、左右対称のラインがあります。それが美しいお顔のセオリー。おそらく上手なメイクさんは、無意識のうちに、この菩薩ラインを描いているはずです。女優の檀れいさんや綾瀬はるかさん、フィギュアスケートの浅田真央さんなど、美しいお顔には必ずと言っていいほど、この菩薩ラインがあります」

 

“開運美眉”づくり

菩薩ラインを描くコツは?
「まず、ご自分のお顔をじっくり観察して、ご自分の菩薩ラインを見出すことです。ただ、これは実際にやってみないとわからないので、アカデミーのレッスンでは、おひとりおひとりの菩薩ラインを発見して、その方に合った眉を描くお手伝いをしています。
ご自分の菩薩ラインが見つかったら、とにかく練習すること。お習字と同じで、練習すればするほど、美しい“開運美眉”を描けるようになります」

 

自分のお顔に仏様をお迎えするような気持ちで

「ただ、テクニックも大事ですが、まずは与えられたお顔に感謝をして、誇りを持つことが大事です。お顔は神様仏様からの預かり物、授かり物です。レッスンでは、『自分のお顔に仏様をお迎えするような気持ちで、眉毛を描いてみませんか』とご提案しています。メイクをすることは心を調えることであり、『聖なる儀式』でもあると思うんです。
仏教では、すべての人に仏様と同じ性質『仏性』が宿っているといわれます。メイクのとき、(この方にも仏性がある)という思いでお顔を見ていると、その方の菩薩ラインが“見えて”くるんです」

 

“善因善顔、悪因悪顔”

「レッスンでは、メイクのテクニックだけではなく、『お顔と心はつながっている』ということをお伝えしています。
仏教には『善因善果、悪因悪果』という教えがありますが、それはお顔にも当てはまると思うんです。いわば“善因善顔、悪因悪顔”です。よい心で生きている人のお顔には、よい表情筋が育ちますが、怒りや嫉妬、苦しみなどネガティブな思いを抱いていると、表情筋の動きが不自然になって、左右のバランスもどんどん崩れていってしまうんです」
「顔」を通して、「心」まで見つめていく、メイクと自己啓発が融合したカリキュラム。それが大野さんの開運メイクの最大の特徴であり、強みでもある。

 

cover_201211
続きは本誌へ
記事DATA

大野裕美子 

大野さん写真

1966年長野県生まれ。リーディングメイクアーティスト。株式会社フェイスリーディングアカデミー代表。一般社団法人日本フェイスリーディング協会代表理事。日本顔学会会員。1995年より東西の人相・観相学を探究。フェイスリーディング(顔相、人相学)を基にした「大野裕美子の開運メイク」を通じて、心を改善すると顔相も良くなり、人生を好転できることを世の中に伝えている「お顔の専門家」。

「大野裕美子の開運メイク YouTube」で検索!

 

 

一般社団法人日本フェイスリーディング協会認定 開運メイクアドバイザー養成講座 生徒募集中!

毎日のメイクがもっと上手になりたい方、今まで人にメイクをしたことがないけれど、メイクで人を綺麗にすることができるようになりたい方など、開運メイクを第一歩から楽しく学べる講座です。くわしくは下記HPをごらんください。

 

★開運メイクの動画をYouTubeで配信中

公式サイト