あの偉人たち・有名人たちの考える「人生とは?」「時間とは?」

明治維新の精神的指導者から近代看護教育の母、実業家、女優まで、多くの人が憧れる偉人や有名人の生き方や時間の使い方ついての考え方が分かる言葉を集めました。

◆ゴールは死と決まっているから、後何十年という時間でここで自分は何を経験したいのか、そこに集中していたらあっという間に人生は終わっていくと思うんです。(蒼井優)

◆大丈夫斯(だいじょうふこ)の世に生まれては、志(こころざし)を立つること高大なるを貴ぶ(立派な男児はこの世に生を受けたからには、志は高く、大きいことを重視するものである)(吉田松陰)

◆愛する人や、自分を必要としてくれる人のために時間をつくることは大切よ。(キーラ・ナイトレイ)

◆何かしたいことがあるならその時間を作ればいいじゃない?(ローラ)

◆人生を生きるには、修練が必要です。
「まずまずの目的、過ち多き行為、ぐらぐらしている意志」のうちに人生をうやむやに過ごしてはなりません。
(フローレンス・ナイチンゲール)

◆時間だけは神様が平等に与えて下さった。
これをいかに有効に使うかはその人の才覚であって、うまく利用した人がこの世の中の成功者なんだ。
(本田宗一郎)

(「Are You Happy?」2018年5月号)