人間関係を軽くする、偉人からの10のアドバイス

歴史上で活躍した偉人は、たいてい良き理解者や協力者、仲間や友人を持っているもの。人間関係に悩んだときに読みたい、偉人たちが贈る10の金言をご紹介します。

自分の価値観で人を責めない。一つの失敗で全て否定しない。長所を見て短所を見ない。心を見て結果を見ない。そうすれば人は必ず集まってくる。
(「松下村塾」創立者 吉田松陰)

相手の心を確実に掴む方法は、相手が相手なりの重要人物であるとそれとなく、あるいは心から認めてやることである。
(思想家 デール・カーネギー)

どんな愚かな者でも、他人の短所を指摘できる。そして、たいていの愚かな者が、それをやりたがる。
(政治家 ベンジャミン・フランクリン)

悪口を言われて我が身を正すことのできる人間は幸せと言うべきだ。
(劇作家 ウィリアム・シェイクスピア)

多くの人が、話上手だから人との関係は得意だと思っている。対人関係のポイントが聞く力にあることを知らない。
(経営学者 ピーター・F・ドラッカー)

他人に変わって欲しければ自ら率先して変化の原動力となるべきだ。
(宗教家 マハトマ・ガンジー)