日本中に広げたい新しい教育―幸福の科学学園那須本校 校長 竜の口法子さんインタビュー

竜の口さん

総本山・那須精舎の境内という環境を活かして、創造性を育む教育を行う全寮制の中高一貫校、幸福の科学学園 那須本校。
竜の口法子校長にお話を聞きました。

 

栃木県私学の唯一の女性校長

gakuenn

2012年から幸福の科学学園で教育に携わり、今年4月に那須本校の校長に就任した竜の口法子さん。校長になってすぐ、驚いたことがあった。

「4月に、栃木県の私立高校の校長会に参加したのですが、校長先生から事務局のスタッフまで全員が男性だったんです。女性校長は私ひとり。黒いスーツの光景に、思わず『おお!』とのけぞりました(笑)。でも、校長会の会長である作新学院の船田元学院長が『栃木県の校長先生は親切な方ばかりですからね』と声をかけてくださり、安心しました。それから半年、先輩校長の皆さまに助けられながら、とても楽しくやらせていただいています。

校長に就任したときにはプレッシャーもありましたが、幸福の科学に出家してから25年間の集大成を教育事業に捧げようと決意したんです。幸福の科学学園は今年で開校10年目を迎えますが、10年の間に創立者・大川隆法総裁から多くの教育ソフトをいただいています。私がすべきことは、大川総裁の理念をそのまま真っすぐに生徒たちに伝えることです」

 
続きは本誌でお読みいただけます

地域に広がる幸福の科学学園の教育
生徒たちの‟応援団長”

 

新文明の創造を目指して 進化し続けるHSUの挑戦
利他に生きる人材を輩出するHSUの教育
 ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ チェアマン兼プリンシパル 九鬼 一