web-201811-訳せない日本語

日本人の心を表す 日本独特の美しい言葉(試し読み)

古来、目に見えないものを尊び、自然や先祖、神などのあらゆるものを意識してきた日本人。
それは言葉にも表れています。しかし、日本独自の美意識が込められているがゆえに、外国語では
そのニュアンスを表す言葉が存在しないことも。そんな5つの日本語をピックアップしました。

「おかげさまで」

漢字で表すと「御蔭様」と書きますが、「御蔭」は「神仏の加護に感謝する」という意味があります。その背景には、「目には見えないさまざまな支えによって生かされている」ことを知り、驕る心や自己顕示欲を反省し、自分を支えてくれる「ご縁」に感謝する精神が流れています。

「つまらないものですが」

近年では欧米スタイルの考え方が浸透し、字義通りに受け取られて失礼になってしまうこともあるため、「心ばかりの品ですが」などに言い換えられています。本来は「手助けや心遣いなど、日ごろ相手から受けている恩から比べれば、取るに足らないもの」という謙遜の思いが込められた言葉です。

アユハ2018年11月号表紙_三玉さん修正
続きは本誌へ