web-201811-油井さん

シャツは週単位で計画する<希望の洋服店 M SELECT>Vol.25【試し読み】

「パートナーをもっと美しくオシャレにしたい」――そんな女性たちの願いを叶えるファッションコラム。メンズファッション業界の裏側を知り尽くした油井誠氏が、女性読者とそのパートナーのファッションセンスUPをお手伝いします。
 

 「身体」は、与えられていることに一番気づきにくいものかもしれません。それは、肉体=自分と感じる人がほとんどだからです。魂の乗り船として、神様から両親を介して期限付きで預かった身体は、魂というドライバーの念いで変化する不思議な乗り物。いつかはお返しするものなので、メンテナンスは各人の責任になり、自分の身体も他人の身体も故意に傷つければ罪になるでしょう。

 その身体を直に包むシャツはとても大切です。シャツは西欧で中世ごろから肌着および中着として発達し、メンズの上半身をカバーする最重要アイテム。肌着から発達したので、肌に直接着る方がスッキリと潔い感じはします。ある意味で消耗品なので、襟と袖口の内側が毛羽立ちはじめたら替えどきかも。

 10月は秋冬への衣替えシーズン。スーツが仕事着なら、シャツ、下着、ソックスは週単位で計画するのがおすすめです。……

アユハ2018年11月号表紙_三玉さん修正
続きは本誌へ