竜の口さん新連載_201806

「天才はいますか?」竜の口法子のBe Ambitious! Vol.2(試し読み)

風光明媚な那須の地にある那須本校と、琵琶湖の畔に立つ関西校。幸福の科学のふたつの中高一貫教育校で、生徒とともに熱い日々を過ごす竜の口法子先生が、ある日の出来事を綴ります。

天才はいますか?

入学式シーズンになると、那須本校のまわりには、桜が一斉に咲く。
その数777本以上。
今年は入学式前に満開になった。
私がひとり暮らしを始めたのは18歳のとき。
その年齢でさえ親と離れるのが寂しかった私には、小学校を卒業したばかりで寮に入る新入生を、心の底から立派だなあと思う。
数年前のことだ。
入学式を終えて、いよいよ家族と離れるというとき、泣いていた女子がいた。
父親は学園の玄関で挨拶したきり早足でその場を去り、追いかける娘を一度も振り返ることなく、前だけを向いて歩き去った。
娘の大きな泣き声は父親にも聞こえていたはず。
しかしその背中は、寂しさをこらえ、12年間育てた娘の力を信じる父の愛に満ちていた。
今でもその光景が忘れられない。

天才はいますか? と聞かれる。
幸福の科学学園では「情熱の天才、努力の天才であれ」と教えられる。
そういう意味でも学園には天才がいる。……

アユハ2018年7月号表紙 (590x800)
続きは本誌へ
記事DATA

竜の口法子 Noriko Tatsunokuchi

幸福の科学学園宗教教育担当

1969年静岡県生まれ。文教大学文学部卒業。幸福の科学学園宗教教育担当。中高時代は陸上部に所属。最近はエアロバイクにハマっています。

タグ