web-201806-山根さん

4人の子供と夫を支える子だくさんママ 山根由香里さん<私の時間の使い方>【試し読み】

経営者や子だくさんママ、政治家の卵など、将来の夢のために日々努力を重ねる4人の女性にインタビュー。隙間時間活用法や大切にしているマインドなどを通して、時間を味方につけるヒントをお伝えします。

テレビをなくし
家族の時間を確保

 専業主婦として、4つの事業を掛け持つ夫と、1男3女の子供たちを支えている山根由香里さん。1日のほとんどを家事と育児で終えてしまう多忙な毎日のなか、家族とのコミュニケーション時間を確保できているのは「テレビを置かない生活」のおかげだそう。
 「テレビはついダラダラと観て時間が奪われてしまう割には、糧になるものが少ないと感じたんです。なので長女を出産してすぐに、夫と相談して捨ててしまいました。その代わりにラジオを聞いたり、最近はネットフリックスを利用して映画や子供たちの好きなアニメを観たりしているので不便はしていません。得たい情報を自分で選択している分、家族の時間をつくれていると思います」

〝ながら学習〟で
 英語のスキルアップ!

 山根さんの日課は、家事の合間に英語で配信されている中東・カタールの衛星ニュース番組「アルジャジーラ」を聞き流し、〝ながら学習〟をすること。
 「独身のころは仕事で英語を使うことがあったのですが、結婚を機に家庭に入りました。10年後くらいには、家にいろんな人を講師に招いてサロンを開くのが夢なので、そこで英語のスキルが生かせたらいいなと思っているんです。そのために今から隙間時間を見つけて〝蓄え〟を作っています。洋書を読んでいて分からない言い回しや単語が出てきたときは、スマートフォンでサッと意味を調べて付箋に書いておき、それを冷蔵庫に貼って食事の支度をしながら覚えられるようにしています」・・・・・・

Photographs by Masahiro Watanabe

表紙
続きは本誌へ