web-201804-絵本紹介

アユハ編集部おすすめ「子供たちの心がぐんぐん育つ!幸福の科学の絵本シリーズ」

相手の立場に立って考えられる柔軟な心や反省の習慣、努力の継続など、子供たちの未来にとって大切な“生き方の基本”が学べる、幸福の科学の絵本シリーズ。
その魅力をママ&子供たちの声とともにご紹介します。

 

『たっくんがうまれるよ』

 

作 大川紫央 ¥1,404

「僕のお父さんとお母さんになってくれますか?」天国でパパとママにお願いをし、生まれる準備をするたっくん。子供の魂がおなかに宿るまでの秘密を描いたスピリチュアル・ストーリー。

<感想>

子供たちとの絆がぐっと深まりました
娘たちは絵本に出てくる“生まれ変わりの池”を見て、「私たちはどんなふうに飛び込んで生まれてきたのかな?」と楽しそうに話しながら読んでいました。家族の縁について話し合うきっかけとなり、絆がぐっと深まった気がします。(Sさん)

『世界の名作シリーズ「ウサギとカメ」』

うさぎ

 

作 大川咲也加  ¥756

“普遍的真理”が込められた名作を通して、子供たちに人生の真実を伝える世界の名作シリーズの第1作。繰り返し読むことで、子供たちに積極的な人生を歩むための“智慧”を与えてくれる。

<感想>

物語の教訓を分かりやすく解説できるのがいいですね
5歳の長男に読み聞かせたところ、「ぼくもカメさんみたいにコツコツと努力できるようになりたいな」と言っていました。誰もが知っている寓話ですが、解説つきなので物語に込められた教訓を分かりやすく教えられるのがいいと思います。(Kさん)

●本ページでご紹介している絵本は、いずれも幸福の科学出版
 


 
関連記事
・大川咲也加さん CD「HIKARI」リリース! インタビュー「神様からの愛を まっさらな心で受け取ってほしい」
・書籍『夫婦の心得』に学ぶ “幸せ夫婦”でいるための心がけ
・「『ホンネの政治が、日本を変える。』~いい国つくろう、女子!?対談~」レポート

4月号表紙アイキャッチ
続きは本誌へ