WEB_201803 - 奥田先生インタビュー

(試し読み)シングルママ・パパに贈る「7つのメッセージ」

幼児教室エンゼルプランVで子供たちやその保護者と日々接し、80回を超える本誌連載「子育て110番」も人気の奥田敬子さん。自身もシングルマザーで2児を育てた経験から伝える、シングルママ・パパへの7つのメッセージです。

<Message1>
「ごめんね」ではなく「幸せにしてあげるからね」

婚した方、妻や夫と死別した方、未婚の母という人生を選んだ方など、シングルママやパパになった経緯はいろいろだと思います。

自分ひとりで子供を育てるのだと強く決意しながらも、後悔や無念、未練が湧いてきて、過去を振り返って眠れぬ夜を過ごすこともあるかもしれません。

でもどうか、子供には「ごめんね」ではなく「必ず幸せにしてあげるからね」と言ってあげてください。

以前、本誌連載でもご紹介しましたが、東日本大震災で家族を失った父子のドキュメンタリー番組がありました。

2011年、震災のあったあの日、両親とふたりの男の子、祖父母の6人で幸せに暮らしていた一家を津波が襲い、お父さんと小学6年生のお兄ちゃんだけが残されました。

お父さんは「震災前よりも絶対に幸せになってやる」と誓い、朝は4時に起きて息子のためにおばあちゃんの味のお味噌汁を作り、懸命に働きました。

息子の誕生日にはケーキを買い、「震災を言い訳にせずに、勉強だけはがんばれよ」と励まし、やがて3年の月日が流れて、ふたりは家族の写真と一緒に笑い合えるようになりました。

人は、この世的な条件が揃ったときに幸福になるのではありません。「幸福になろう!」とする心の力で幸福になるのです。今ある家族の形を大切にしてください。

<Message2>
愛は時間ではなく深さです。一緒に過ごせる時間を大切にしましょう

少期の子供は、ママやパパと過ごす“絶対時間”がほしいものです。

ママやパパも、できることならそういう時間をわが子にたっぷり与えてあげたいでしょう。

でも、ゆったりした時間を生み出すことは、シングルのママ・パパには厳しい課題です。

削れるのは自分の睡眠時間くらいですが、そこはもう削っている、という人も多いでしょう。
……
 

・本誌ではこちらの続きの他、「Message3 愛と信頼の絆を紡いでいきましょう」「Message4 わが子のために日々祈ってください」「Message5 周りの方への感謝を忘れないようにしましょう」「Message6 離婚は自分の力と責任で幸せになるチャンスです」「Message7 手をひいてきたわが子がいつか背中を押してくれます」、「わが子の「生きる力、育つ力」を信じ、駆け抜けましょう」が掲載されています。
 


 
こちらの記事もおすすめ!
・学力が向上・不登校も克服・心もピカピカに! 仏法真理塾・サクセスNo.1に学ぶ、「自分から努力する子ども」に育てるヒント
・【子育て110番】「のびのび」と 「わがまま放任」は どう違うの?
・心が軽くなる、シングルマザーの子育ての智慧

表紙アイキャッチ
続きは本誌へ
記事DATA

奥田敬子 Keiko Okuda

早稲田大学第一文学部哲学科卒業。現在、幼児教室エンゼルプランVで1~6歳の幼児を指導。毎クラス15分間の親向け「天使をはぐくむ子育て教室」が好評。一男一女の母。