web-201803-シングル座談ママ

(試し読み)<座談会>私たち・僕たち「シングル家庭」で育ちました。ママ編

シングル家庭で育った「独身女性」「ママ」「パパ」たちそれぞれの本音座談会。子供のころから現在までの気づきを語っていただきました。

<ママ編>

母子家庭で育ち、母親になった3人。男性への苦手意識の克服や、結婚を決意できたきっかけとは?

菊地さん(仮名・36)
結婚11年目。8歳の娘のママ。専業主婦。菊地さんが13歳、妹が11歳、7歳のときに両親が離婚。

桑田さん(仮名・41)
結婚9年目。7歳の息子のママ。サービス業。桑田さんが15歳、妹が11歳のときに父親が失踪。

佐藤さん(仮名・36)
結婚6年目。1歳の息子のママ。医療関係。佐藤さんが8歳、妹が4歳のときに両親が離婚。

父の浮気、多額の借金……
家庭に翻弄された子供時代

 小学校3年生のときに両親が離婚して母子家庭になったんですが、それを知ったのは4年生のときだったんです。

 え!? どういうことですか?

 父は単身赴任で、普段家にいなかったので気づかなかったんです。母は私と妹が傷つくと思い、言えなかったみたいで。

 離婚を子供に伝えるのって、きっと勇気がいりますよね。

 母は父より6歳年上で、父は母に包容力や、やさしさを求めていたみたいなんです。でもたまに帰ってくるたびに母が子供を叱っている姿を見て、「理想と違う」と思ったらしくて(笑)。

 どうしても叱らなきゃいけないこともありますけどね。

 私が当時わがままな性格だったので、叱らなければいけないことが多かったんだと思います(苦笑)。離婚したと聞いたときは、「私がいい子じゃなかったからお父さんがいなくなっちゃったんだ!」ととてもショックで、一時期は不登校になってしまいました……。桑田さんは?

 うちは私が高校1年生のときに、父が突然失踪しちゃったんですよ。

 失踪ですか!?

 夫婦で美容室を経営していたんですが、同じ職場で働くうちに仕事に対する考え方の違いやプライドの部分で徐々に心の距離ができて、父が浮気をしてしまったんです。

 支え合う関係ではなくなってしまったんですね。

 女性に貢ぐために家からお金を持ち出したり、あまりよくないところからもお金を借りたりするようになって、ある日膨大な借金だけを残していなくなってしまいました。

 その借金はどうしたんですか?

 すぐに法的措置を取って対処したようなんですが、それでもかなり残ってしまって。数年前にようやく母がすべて返済しました。

 お母さまひとりで! 大変でしたね。

 両親は忙しくてあまり家にいなかったですし、父親はそんな感じだったので、昔は幸せな家庭像が描けなくて。

 そう感じるのも無理はないですよね。私の両親は大恋愛の末に結婚して、念願だった飲食店をオープンしたんですが、父が次第に家を空けるようになりました。

 何でですか?

 仕事が忙しいとのことだったんですが、その後、お店の経営がままならなくなり、父が借金をして母が連帯保証人になっていたことが分かったんです。

 それは帰りづらいですね。

 父は借金を抱えながらも、〝一攫千金〟を狙ってさまざまな事業を起こしたんですが、なかなか成功は続かなくて、そのたびに引っ越しを繰り返しました。

 引っ越しの費用もばかになりませんよね。

 しまいには父の浮気も発覚して、私が中学1年生のときに母から離婚を切り出したそうです。

 離婚したほうが経済的に楽になる場合もありますよね。
……

本誌ではこちらの続きのほか、「子供編」「パパ編」が掲載されています。

表紙アイキャッチ
続きは本誌へ