2018-02-top

Are You Happy ? 2月号のみどころ「特集 国を守るってどういうこと?」

日本はこのままずっと平和なの?

世界中でテロが相次ぎ、北朝鮮が核・ミサイル実験を繰り返している今でも、日本に住む私たちが危険にさらされることは、イメージできない方も多いかもしれません。

でも、私たちが感じている“平和”は、実はとっても不安定な足場のもと成り立っているのです。

今月は、日本が置かれている現状や世界との比較などから「国を守るってどういうこと?」について多角的に考えました。

当たり前の日常をずっと続けるためにも、あなたも一緒に考えてみませんか。

<SPECIAL INTERVIEW>評論家 金 美齢 
「私は自分が正しいと思うことを最後まで貫くだけです。だから何でもはっきり言えるの。」

留学生として来日し、祖国・台湾の独立運動に参加。国民党独裁政権のブラックリストに載り、31年間台湾の土を踏めない中で、決して退転せずに信念を貫き続けた金美齢さん。自分が正しいと思うことを訴え続ける大切さについて、さまざまに伺いました。

金美齢さま

もしも、日本がわが家だったら?

北朝鮮の核・ミサイル、中国の領海侵犯、韓国が捏造する「従軍慰安婦」……。
日本が直面している近隣諸国との問題を「もしもわが家で起こったら?」と仮定して考えてみました。

もしも日本がわが家だったら

日本とこんなに違う!
世界の核兵器と核シェルターMAP

世界で唯一の被爆国として非核三原則を掲げる日本は、核兵器を持っていません。しかし、世界には核兵器を持っている国や、核シェルターを積極的に導入している国もたくさんあります。各国の核兵器の数と核シェルターの普及率(人口比)をまとめました。

世界の核兵器と核シェルターマップ

徹底比較!
平和であるためにスイスはハリネズミ、日本は丸腰?

平和を愛する国である日本とスイス。どちらも「専守防衛」を国是としていますが、「守り方」についての考え方は大きく違います。核シェルターや軍隊、国そのものの要塞化など、スイスがハリネズミのように守りを固めているのに比べると、日本はほとんど無防備状態であることが分かります。

平和であるためにスイスは

<INTERVIEW1 >ノンフィクション作家 河添恵子さん
「世界で唯一無二の日本の文化を守るために国防が必要です。」

40カ国以上を取材し、国際問題や世界から見た日本の研究を続けているノンフィクション作家・河添恵子さんに、“国防”の大切さや揺れるアジア情勢、日本を守るために必要な“強さ”についてうかがいました。

河添さん

現役女性自衛官に聞いた!自衛隊のホンネとリアル

日本の平和と独立を守り、他国からの侵略を防ぐことを主な任務とする自衛隊。実際に働いているアユハ読者の女性隊員おふたりに、現在担っている仕事や、「国を守る」ということについて、どのように感じているのかなどをうかがいました。

女性自衛官

もし北朝鮮の核ミサイルが日本に落ちたら!?
今からできる避難シミュレーション

防災グッズの紹介から、核ミサイルから身を守るための正しい避難方法、愛する家族を守るために今からできるアクションまでを徹底解説! 順を追って確認し、もしものときに備えましょう。

防災

子供たちの幸せな未来のためにママが知っておきたい
中国の自治区と北朝鮮の子供たちの“いま”

一方的に国家を侵略し自治区としてきた中国と、日本海に向けて幾度となくミサイル実験を行う北朝鮮。そこに住む子供たちはどのような暮らしをしているのでしょうか。子供たちの“いま”を知り、国を守る大切さを学びましょう。

自治区と北朝鮮の

<INTERVIEW2>幸福実現党党首 釈 量子
“大切なものを守りたい”という女性のやさしさが国を守る力になる

立党から一貫して国防の重要性を訴え続けている幸福実現党。その先頭に立つ釈党首に、私たちが女性として、どのように国防と向き合うべきかについて、お話をうかがいました。

党首インタビュー

<Close up>幸福実現党 外務局長 及川幸久
「言い訳の人生を生きるな」私の生き方を変えた“心の力”

ウォルト・ディズニー、現アメリカ大統領のドナルド・トランプ、そして幸福の科学 大川隆法総裁。幸福実現党 及川幸久外務局長の半生は、この3人とともにありました。明日が見えない絶望の中で出合った幸福の科学の信仰、伝道師として世界を飛び回り教えを伝えた日々、そして外務局長としての現在の活動を通じて及川さんが掴んだ“心の力”を信じることとは。

及川さん

<Interview >
映画「ダンシング・ベートーヴェン」監督 アランチャ・アギーレ

美は私たちを助け、慰めてくれるもの。この映画から歓びや希望という大切な価値観を感じてください。

監督インタビュー

二月号表紙
続きは本誌へ

タグ