web-201801-連載 釈党首

【試し読み】なかなか自立できない 娘との関係に悩んで います。「お悩みクオンタムリープ」Vol.7

幸福実現党 釈量子党首が、アユハ読者のさまざまなお悩み相談にお答え。日常の不安も政治の疑問も、まとめてクオンタム・リープ(量子的飛躍)させて解消しちゃいます。

今月のお悩み
「なかなか自立できない娘との関係に悩んでいます。」(Kさん・51歳・パート)

芸能界を目指している娘との関係が……

K いろいろ悩みはあるのですが、今いちばん心配なのは娘のことで……。
  娘さんはおいくつですか?
K 23歳になります。芸能人になるのが夢で、家から1時間以上かけて都内のレッスンスクールに通っているのですが、遅く帰ってくるたびに「疲れた」「行きたくない」と、毎日のように文句を言われて大変なんです。

 その年齢でしたら、そろそろ自立してもらわないといけませんね。
K せめて朝くらいは自分で起きてくれたらいいんですけど。夫は今病気で働けず、長男は引きこもり状態。家計も苦しくて……。

 なるほど。悩みが多くて混乱しているときは、問題を細分化していくことが大切です。悩みを整理して書き出したことはありますか?
K あまりないですね。

 ではまず紙やノートに書き出して、理性的に見ていきましょう。抱えている悩みが3つ以上になると、オーバーフローして自分だけでは抱えきれなくなることが多いです。物理的にも精神的にも、負債を抱えないことが大切です。
K そうですね……。

 親は子供が自立できるようにしなくてはいけませんが、そのためにはときに「ドライな視点」や「現実的な思考」も必要です。芸能界という厳しい世界で活躍できるかどうかは、努力は当然ながら、才能も運も必要でしょう。娘さんに強い使命感があるかどうかを客観的に見極めて、夢が叶わなかったときには「別の生き筋」について教えてあげることも、親としての責任ですよね。

母から娘に教える〝天職〟の見つけ方

……

アユハ2018年1月号表紙アイキャッチ
続きは本誌へ
記事DATA

釈量子 

幸福実現党党首

1969年11月10日、東京都小平市生まれ。國學院大學文学部史学科卒業後、大手家庭紙メーカー勤務を経て、1994年に宗教法人幸福の科学に入局。学生局長、青年局長、常務理事などを歴任。幸福実現党女性局長などを経て、2013年7月幸福実現党党首に就任。

公式サイト